広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

まじで頭が働かないときの原因と改善策!頭をフル回転させよう!

頭が働かない原因と改善策!

こんにちは!

ライフカクメイ管理人の松岡と申します。

突然ですがみなさまは

頭がうまく働かない

20分で終わる仕事なのに、1時間かかってしまう

といった経験はありませんでしょうか?

頭が働かないときはそもそも仕事や勉強のやるきが起きませんよね。

たとえ仕事や勉強をしても、成果がイマイチということもよくあります。

「頭が働かないから、今度やろう!」と物事を延期していたら、まったく進みませんし、締め切りも近づいてきます。

一体どうすればよいのでしょうか……

ということで頭が働かない原因と改善策を詳しく解説していきます!!

原因を知って改善してみると、頭がフル回転するようになります!!

頭が働かない原因

頭が働かない原因はさまざまなことが考えられます。

しかし、多くの人が当てはまる原因はおそらく以下の5つです。

  • 睡眠不足
  • 食べ過ぎ
  • 栄養不足
  • 周囲の騒音
  • 疲れやストレス

私が思うに頭が働かない一番の原因は「睡眠不足」です!

原因① 睡眠不足

睡眠不足によって以下の3つが十分に行われなくなります。

  • 「老廃物の排出」
  • 「細胞の修復」
  • 「栄養補給のホルモン分泌」

上の3つは体調を整える上で重要なことであり、十分に機能しなくなれば脳にも影響が及びます。そのため、頭がうまく働かなくなるのです。

さらに、睡眠不足であると満腹中枢(お腹がいっぱいの指令を出す)が正しく機能しなくなるため、食べすぎの原因ともなります。

原因② 食べすぎ

食べすぎると消化のために血流が胃に集中して脳に行き渡るエネルギー・酸素が減ります。

脳は酸素をとり入れて活動しています。

そのため脳に行き届く酸素が減れば、だんだんと頭は働かなくなります。

私がお昼を食べたあとに文章を書くとき、頭がボーッとしてしまい、キーボードを打つ手が止まります。

原因③ 栄養不足

当然のことですが「食べすぎ」ではなく「食べなさすぎ」も頭が働かない原因となります。

「パン」や「おにぎり」や「うどん」など糖質だけで食事を済ませている方は要注意です。「糖質」に栄養が偏るからです。

血流をよくするべき!!

個人的には「血流」が頭を働かせるためにもっとも重要であると考えています!

血流がよいと(きれいなら)脳に栄養がスムーズに行き届きます。

脳の活動を促進して、自分の能力を最大限に発揮することができるのです!

血流をよくするためには

①糖質を控えること

②質の悪いアブラをとらないこと

が重要ですね!

個人的なオススメは亜麻仁油をとること。

亜麻仁油にはオメガ3脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれています。

αリノレン酸は体内でDHA・EPAに変換され、血圧を下げることや動脈硬化の予防の効果があり、血流がよくなるのです!

関連記事:終末糖化産物(AGE)とは?


原因④ 周囲の騒音

ここまでの原因は「睡眠」と「食事」の私たちの内部にある原因でした。

外部的な原因を考えてみると、頭がうまく働かない原因には「騒音」があります。

音の専門家である Julian Treasure 氏は、騒音下にさらされた職場で仕事をする場合、生産性は66%低下すると述べています。

原因⑤ 心配事やストレスや疲れ

「心配事」があると頭がうまく働きません。

先ほどの騒音と似ていますが「心配事」に気が散ってしまうからです。

「疲れ」や「ストレス」も同様です。脳の意識が「疲れ」と「ストレス」に向いてしまいます。そのため、ひとつの物事に集中ができなくなります。

頭が働かないときの改善策

頭が働かないときの改善策

今すぐに頭を働かせたい場合

  • 一杯のコーヒー
  • 15分間仮眠(情報を遮断する)
  • 2~3分間の深呼吸
  • 集中できる音楽を聴く
  • 一度取りかかる!
  • リフレーミング

1. 一杯のコーヒー♪

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があります!

覚醒作用は、私たちの頭をクリアな状態にして、集中力を高めてくれます。

コーヒーを飲むことで、頭がうまく働き、生産性も高まることはほぼすべての人が説いています。

コーヒーを飲むときと飲まないときとをくらべると、私は飲むときの方が文章をスムーズに書けます!

2. 15分間仮眠(情報を遮断する)

頭が働かないときは一度休むことが本当に重要です。

「手が止められない」という人も一度休んでみてください!

頭が働かないときは脳がオーバーヒートしている状態です。パソコンが熱くなるのと同じ状態です。

それ以上脳を使っても、それ以上の成果を見込めることはありません。

15分間だけ仮眠をとり情報を遮断することで、脳をクリアな状態に・クールダウンさせることができ、頭がうまく働くようになります!

オススメな方法としては①パソコンの画面を閉じたり②ノートを閉じたりなど強制的に休む環境を作り出すことですね。

3. 2~3分間の深呼吸

強制的に休む環境を作り出したあとにやっていただきたいことは「深呼吸」です!

体内に酸素が行き届いていない状態であると頭をうまく働かせられません。

脳に酸素が行き届けば、頭はうまく働いてくれます!

私は大切な日の前には必ず寝る前に深呼吸を2~3分間しています。

翌朝は頭がかなりさえます!

本当ですよ!!

4. 集中できる音楽を聴く♪

個人的には「α波」を流すことがオススメですね♪

◇デルタ波(δ波):0.5~3へルツ(熟睡している状態)

◇シータ波(θ波):3~8ヘルツ(ひらめき・瞑想状態)

◇アルファ波(α波):8~13ヘルツ(落ち着いている・集中している状態)

◇ベータ波(β波):13~30ヘルツ(通常の状態・緊張している状態)

◇ガンマ波(γ波):30ヘルツ以上 (イライラしている状態)

耳栓をするもしくは集中できる音楽を聴いて頭を働かせられるようにしてみてください♪

5. 一度取りかかる!

頭が働かないときでも、一度物事に取りかかれば頭が自然と働きはじめます。

「5分間だけ取りかかる」と決めておき、やってみると意外にも1時間2時間と頭は働いてくれます!

頭が働かないときにチェックするべき項目

  • 睡眠を十分にとる
  • 風呂に浸かる(効果抜群)
  • 食べすぎはやめる
  • 30分のランニング(運動する)

睡眠については、その重要性を認識しているにも関わらず、睡眠不足の傾向にある人がほとんどです。

睡眠を十分にとる

睡眠は人生のすべてを決めています。

睡眠不足であれば、起きている時間にも影響が出てしまいます。

睡眠の質を上げる方法についてはこちらの記事を見てみてください!

10分以上お風呂に浸かる(入浴):効果抜群です!

お風呂に浸かることで精神的・肉体的な疲れをいやすことができます。

シャワーだけではなく、10分を目安にして入浴してみてください!

その日の夜はぐっすり眠ることができ、疲れが吹っ飛びます。

食べすぎはやめる(腹6分)

朝食や昼食を食べすぎでしまうと、午前と午後に頭がうまく働きません。

先ほども申しましたが、食べたものを消化させるために、血液が胃に集中するため、脳へ血液が送られにくくなるのです。

そのため、朝食や昼食の食べすぎには注意してください。

断食をしてみるのも良いかもしれませんね☆

関連記事:断食効果は絶大だった!断食のメリットを徹底解説!

30分間のランニング(運動する)

運動して汗を流すことで体の老廃物を排出する効果(デトックス効果)を見込めます!

運動により体内にたまっている脂肪を燃焼させることで、血液をサラサラにできるのです。

血液がサラサラになると血液の循環が良くなり、血液と一緒に酸素が脳へ運ばれやすくなるため、頭がうまく働きます!



終わりに

普段の生活習慣を正せば、頭はうまく働いてくれます。

頭が働かないことで悩んでいるなら、まずは普段の生活習慣を改善してみてください!

とくに「睡眠不足」には注意が必要です。

頭をうまく働かせるためには、寝る時間だけでも確保することですね!

忙しいから睡眠時間がないのではなく、睡眠時間がないから忙しいのは世間の常識になりつつあります。



最後まで記事を読んでくださりありがとうございました☆

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

スポンサードリンク