広める価値のあるコンテンツと思ったらコメントをお願いします!☺️

Amazon Audible(アマゾン・オーディブル)とは何か?

Amazon Audible(アマゾン・オーディブル)とは、目で本を読むのではなく、耳で本を読むための革新的な読書体験サービスである。2015年の〈日本での〉サービス開始から現在にいたるまで着々とファンを獲得し、2018年にAmazon Audibleは日本最大級の音声コンテンツ制作・配信サービスとなった!

『方丈記』や『奥の細道』などの古典作品、『吾輩は猫である』や『雪国』などの名作文学、『ホモ・サピエンス』や『多動力』などのビジネス書や自己啓発書、SF、ライトノベル、洋書など豊富にジャンルがそろえられており、音声コンテンツ(本)の総数は〈海外と国内とのコンテンツを合わせて〉40万点を超えている。

人気の声優・朗読家による秀逸なナレーション(語り)が、いつもの読書の質を進化させる。

Audibleなら本嫌いな人でも間違いなく読書をたのしめる。それを保証したい!なぜなら読書が音楽に変わるからだ!

Amazon Audibleを半年以上愛用し、筆者は死ぬまで(もしくはAmazonがつぶれるまで)会員であり続けることを決意した、その理由、その魅力のすべてを解説したい。

Amazon Audible の特典について!

Amazon Audible(アマゾンオーディブル)は月額1,500円の会員制度を採用している。初月は無料であり、会員は、毎月一枚付与されるコインで好みのコンテンツを購入することができる。このほかにも会員は以下の特典を得ることができる。

  1. 月額1,500円(初月無料)で毎月コインを一枚付与される
  2. 付与されたコインでコンテンツ(本)を無料購入できる
  3. Audible 作品すべて30%OFF
  4. Audible 限定コンテンツを無料で聴ける
  5. 購入したコンテンツ(本)の返品・交換可能
  6. 購入したコンテンツはAmazon Audible退会後もたのしめる

とくに購入したコンテンツの返品・交換可能というのは特筆すべき特典である。

ナレーターのナレーション(朗読)が気に食わない、コンテンツの内容が難解だ、つまらない、おもしろくない等々の不満があれば購入したコンテンツを返品して、満足のできるコンテンツに何度でも交換できるからだ!

わずらわしいアンケートに回答することもなく、わずか2クリックで返品することができる。

また、Audibleの会員は、毎月付与されるコインを使用して、500円であろうと4,000円であろうと、どのような価格のコンテンツ(本)でも無料で購入することができる。(コインの有効期間はコインが付与された日から起算して6ヶ月間)

さらにAmazon Audibleの会員を退会した後も、購入したコンテンツは自分の所有物となるため、いつでも聴くことができる。

つまり今、Audibleの会員となれば〈初月無料であるため〉どのようなコンテンツでも無料で手に入れることができるのだ!(あの大人気シリーズ、『ハリー・ポッター』でも!)

Amazon Audible は何がすばらしいのか?

Amazon Audibleのすばらしいところは、第一に「本を良質なナレーションで聴ける」ことにある。ナレーター(語り手)は、読みあげる本について熟知しており、適当な箇所で、適当な抑揚によって〈音楽を奏でるように〉本を読んでくれる。

だから読者は(聞き手は)、ナレーター(語り手)の最適なナレーションによって読みあげられる本の「情景」や「登場人物の心情」などの重要な箇所をたやすく読みとることができるのだ!

このほかにも(本を良質なナレーションで聴けることのほかにも)筆者が思うAmazon Audibleのすばらしいところは以下のとおりである。

  1. 美しい日本語を自然に習得できる
  2. 本を音楽のように繰り返して聴ける
  3. いつでも、どこでも本をたのしめる

1. 美しい日本語を自然に習得できる

美しい日本語というのは、文章の調子によって、読み手の心に語りかけ、読み手に得心を与える。抽象的にいえば、読み手が「いいな」と思える文章が美しいのであり、具体的にいえば、「七五調などの語調」「同音の反復などの韻律いんりつ」「白や黒、天と地といった反対の性質を配置する対句」などの美辞麗句(レトリック)によって文章が装飾されているかどうか、その文章の調和が(日本語として)美しいのである。

とくに小説は(とりわけ文学は)絵画のように美しく文章が装飾されているため、Audibleで小説を聴いているうちに美しい日本語が自然に習得されるのである!

(もちろんビジネス書でも自己啓発書でも「いいな」と思える文章はたくさんある!)

2. 本を音楽のように繰り返して聴ける

思わずして音楽を口ずさむことはだれにでもある。

たとえば筆者は、AKB48の「会いたかった〜会いたかった〜YES」という音楽の歌詞を口ずさむことが〈むかし〉よくあった。

もしもこの「口ずさむ」音楽(歌詞)が、いつもAudibleで聴いている知的な本の〈ことば〉であればどうだろう!

AIについて、5Gについて、MMT(現代貨幣理論)について、ブロックチェーンについて、老後について、子育てについて、現代社会について分析し予見する専門家の意見を口ずさむことになるだろう。

またもし、自分を勇気づけてくれる・肯定してくれる〈ことば〉であれば?

なんという力強い味方を得られることだろう!

Audibleであれば、たとえ難解な本であっても、ナレーター(語り手)が音楽のように本を奏でるため、それを聞き手はたのしんで聴けるのであり、かるがると口ずさみ、自然と本の内容を覚えてしまうのである。

ことばを聴くとは、ものを食べると似ている

すでに知られているとおり、食べたものは私たちの栄養となり、私たちの意志力や思考力、集中力、IQを大いに左右する。

これと同じように、ことばも、聴いたことばが私たちの意志力や思考力などを大いに左右するのである!

もし、まわりの人の話すことばが、ゴシップや愚痴などの〈ネガティブなこと〉であれば、それを聴く人は自然にゴシップや愚痴を話すようになり、自然に思考もネガティブになる。まわりに学者があれば学を語り、経営者があれば経営を語る。

Audibleの作品の「するどい洞察」と「巧みな論理」によって構成された鋭敏巧緻えいびんこうちな〈ことば〉を聴いていれば、自然と自分の〈ことば〉は磨かれ、そのことばを立脚点として組み立てられる思考が秀逸なものとなるのだ!

3. いつでも、どこでも本をたのしめる

最後になるがAmazon Audibleのすばらしいところは、いつでも、どこでも本をたのしめることにある電車で、バスで、車のなかで、散歩中に、掃除しながら、洗濯しながら、スポーツしながら、空き時間、待ち時間に、デート中にも!

音楽のように本を聴けるため、いままでの読書とは事情がちがう。

とくに散歩中に読書をできるのは最高だろう!

さて、Amazon Audibleのすばらしいところをまとめると次のようになる。

  1. 本を良質なナレーションで聴けること
  2. 美しい日本語を自然に習得できる
  3. 本を音楽のように繰り返して聴ける
  4. いつでも、どこでも本をたのしめる

いまならAudible会員は、初月無料である。どのようなコンテンツ(本)でも無料で手に入れることができるため、“本を聴く”という革新的な読書体験をあじわいたい人はAudibleをはじめてみてほしい。

Amazon Audible のはじめかた

Amazon Audible のはじめかたは、まずはAudible公式ホームページから会員登録し、つぎにAudible専用のアプリ(IOS版Android版Windows版)をダウンロードする。あとはAudible公式ホームページから好みのコンテンツを購入して聴くこと。

  1. Audible公式ホームページから会員登録
  2. Audible専用のアプリをダウンロード
  3. コンテンツを購入する

とくにわずらわしい手続きはいらないが、コンテンツ(本)を選ぶことには迷うかもしれない。

Amazon Audible お勧め作品

Audibleのコンテンツ(本)の総数は40万点を超えるため、はじめにどれを聴けばいいのか悩む。何から聴くべきか。ジャンルとしては筆者がお勧めするのは「文学(小説)」である。

その理由は、第一に、美しい日本語を聴けるため。

第二に、〈ナレーターの技術によって〉本の「情景」や「登場人物の心情」などの重要な箇所をたやすく読みとることができるため。

第三に、文学(小説)の文章は現実的な表現を超えており、いわば芸術であり、私たちの認識を拡張してくれるため。

文学(小説)のなかでも筆者がお勧めする作品は以下のとおりである。

  1. 『ハリー・ポッター』J・K・ローリング
  2. 『雪国』川端康成
  3. 『羅生門』芥川龍之介
  4. 『金魚撩乱』岡本かの子
  5. 『檸檬』梶井基次郎

すでに読まれた作品であれ、一流のナレータによって朗読されると(月並みな表現ですが)作品にいのちが宿り、作品がいぶき、生彩あふれる作品に生まれ変わり、まったく別の作風を感じることができるのである。

とくに榊原忠美という朗読家の作品は生彩にあふれている。筆者は、この朗読家の作品をすべて購入した!『鉄道員』『羅生門』『雪国』『檸檬』『奥の細道』『伊豆の踊り子』

ノーベル文学賞受賞者による『雪国』と、古典的名作の『奥の細道』とのナレーションを担当していることが、実力と信頼のある朗読家であることがわかる。

Audibleに慣れてきたらナレーターや出版社でコンテンツ(本)を選ぶのもいい。

筆者は、榊原忠美氏、ことのは出版のかかわるコンテンツ(本)をとくにひいきしている。

読書が嫌いな人はハリー・ポッターを聴くべし!

読書が嫌いな人は、はじめに『ハリー・ポッター』を聴いてみてほしい。

筆者は断言するが、『ハリー・ポッター』を聴いて「つまらない」と思う人はまずいない。返品する人はいない。ほかの人に聴いてもらいたくなる。まず間違いなく「読書嫌い」が「読書好き」へと一変する契機きっかけとなる!

『ハリー・ポッターと賢者の石』の再生時間は12時間を超えるが、何ということはなく、時間はすぐに過ぎる。

Audibleでは0.5倍速〜3.5倍速までの31段階のスピード調整ができるため、2.0倍速で聴けば半日かからずに読了できる。

すでに映画を見ており物語の内容を知っている人でも、小説では物語の進展(内容)がことなるため、新しい発見があり、なにか第二の『ハリーポッターと賢者の石』として物語をたのしむことができる!

Amazon Audible の未来

高齢化社会において、また目を酷使する社会においては、年代を問わずして「読書離れ」がすすむ傾向にある。読書したいけれども、何らかの原因で読書ができない人は大勢いる。まさにその人たちのためにAmazon Audibleは救い主となり、本を〈良質なナレーションで〉聴いてもらうという革命的方法によって手を差し伸べる。

Amazon Audibleの認知度は日本でも年々高まっている。何らかの原因で読書ができない人が今後増えることを考えると、本を聴く〈音声コンテンツの〉需要も層一層と増えると思われる。

Amazon Audibleは児童(子ども)の読み聞かせにも役に立つ。そのため、児童施設で働く人(とくに保育士)の労働負担の削減をも見込むことができる。

一面的な見方ではあるが、こういう次第でAmazon Audibleの未来は明るいと私には思われる。

目の疲れのある人、本嫌いな人、本を好きになりたい人、時間を有効活用したい人、読書したくてもできない人、本の内容を覚えたい人、美しい日本語を自然に習得したい人、知的なことばを浴びたい人、そんな人にAmazon Audibleはお勧めです。

【初月無料キャンペーン中!】本を聴く新しい読書体験をするなら Amazon Audible 公式ホームページへ

広める価値のあるコンテンツと思ったらコメントをお願いします!☺️