広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【断食】初心者が始めやすい断食の方法とは?気になる断食のやり方!

断食の方法!断食のやり方とは
こんにちは!

WEBライターの松岡です。

この記事を訪れた人の中には

「断食でやせたい!」

「断食で自分を変えたい!」

「効果的な断食の方法を知りたい!」

という方がほとんどだと思います。

正しい断食をすることにより、断食の効果を最大限に得ることができます!

しかし、間違った断食の方法をしてしまうと、断食の効果は低いです。

そこで今回は「断食の方法」について、断食のやり方を丁寧に解説していきます!

この記事を読み終えたあとは、断食を実践して、ダイエットに成功しましょう!!

もちろん、ダイエット以外にも、美容効果集中力が高まる効果もあります。



断食の効果!

断食の方法!断食のやり方2

手短にいうと、断食の効果は以下の6つです!

  1. ダイエット効果!
  2. 美容効果!
  3. 頭が冴えわたる!
  4. 集中力が高まる!
  5. 食費が浮く!
  6. 病気にかかりにくくなる!

詳しい断食の効果についてはこちらの記事をご参考ください!

ご紹介した中でも「食費が浮くこと」は大きなメリットではないでしょうか。

1食500円として、1日に3食をとると1,500円です。

後ほどご紹介する「プチ断食」の場合は、1日に1~2食です。

これを計算すると、1年間で最大36万円の節約をすることができます!!

節約に加えて、ダイエット効果や美容効果もありと、私たちが断食をしない理由が見当たりません!

個人的には、頭が冴えわたるのが一番うれしい断食の効果です。

断食の方法!断食のやり方って?

断食にはいろいろな方法があります。

今回ご紹介する断食の方法は「プチ断食」「週末断食」です。

3日間〜1週間の断食をする場合、自分の身体に適した断食方法を実践する必要があり、

医者や専門家の指導のもと断食をしなければなりません。

そのため、3日間~1週間の断食をしない「プチ断食」と「週末断食」をここではご紹介します!

プチ断食の方法!

プチ断食の方法は2つあります。

  1. 1日1~2食のみ
  2. 1日の食事を8時間以内に済ませる

プチ断食の方法【1】 1日1~2食のみ

ひとつめのプチ断食の方法は「1日の食事を3食から1~2食に減らすだけ」です。

具体的にいうと、朝食を抜きにします。

朝食には「野菜スムージー」「温かいスープ」をとるだけです。

慣れてきたら「水」だけの断食方法へ移行します。

2食でも1食でもどちらでも大丈夫ですが

もちろん、2食より1食の方が断食の効果は高いです。

しかし、断食の初心者がいきなり1日1食で過ごすと、断食後の反動(ドカ食い)が起こる場合があります。

せっかく断食をしても、断食が無意味な行為になってしまいます。

そのため、断食初心者の方は1日2食からはじめることをオススメします!

【具体的な食事メニュー】

朝:①温かいスープ②野菜のスムージー(なるべく自分で作る)③水

昼:いつもどおり(腹6分ほど)

夜:いつもどおり(腹6分ほど)

野菜のスムージーはコンビニやスーパーで購入するよりは自作した方が良いです。

コンビニやスーパーで売られている「野菜スムージー」は栄養価が低いことで知られています。

スープもおなじです。



プチ断食の方法【2】 1日の食事を8時間以内に済ませる

1日の食事を8時間以内に済ませれば、いつもどおり1日3食でOKです。

8時間以内の理由は、人は16時間以上胃に食べものを入れないことで以下の3つの効果を得られるからです。

  • 中性脂肪を減らす
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 脂肪を燃やす物質(FIFA)を生成する=痩せやすくなる

さらにいうと、プチ断食により神経の可塑性と発生が高まり、脳の成長と進化を促進させるともいわれています!

週末断食の方法!

週末断食は1日を「水」と「海塩」で過ごす断食方法です。

かなり苦行です。

いきなり、丸1日断食することはツライと思います。

そのため、プチ断食で慣れてから、週末断食を実践しましょう!

「塩」ではなく「海塩」と書いたのは、「海塩」の方がミネラルが豊富に含まれており、高血圧になる心配がないからです。

たいていの食卓にある「塩」は塩ではなく、塩化ナトリウム(NaCl)99%の場合が多いといわれています。

100円で買える塩は、塩化ナトリウム99%が大半でしょう。

この塩はミネラル含有量が少なく、ただ血圧を上げる「塩?」として知られています。

そのため、塩は質の高い「岩塩」や「海塩」を選ぶべきです。

ちなみに、私が使用しているのは『粟国の塩(天日)』です。

断食で気をつけるべきポイント

断食で気をつけるべきポイントは「悲観的にならないこと」です!

具体的にいうと、断食に失敗したときに

→「あぁ、アイスクリームを2個も食べてしまった!自分は本当に情けない」

と思うことです。

これが悲観的な状態です。

ハッキリいうと、こんなことは誰にでもあります(笑)

きちょう面な人ほど悲観的な状態に陥りやすいです。

悲観的な状態になると、そこから立ち直ることは難しいです。

また、断食するモチベーションを失う場合もあります。

そのため、断食に失敗した場合でも「次からがんばろう!」という姿勢を持つことが大切です!

断食の方法のまとめ

  • 断食はメリットだらけ!
  • 断食の方法は「プチ断食」と「週末断食」がある!
  • 3日間から1週間にかけての断食は医者や専門家の指示のもと行うこと!
  • 断食に失敗しても悲観的になる必要はない!

断食の効果は絶大です。

正しい断食の方法を実践すれば「ダイエット」「美肌」「集中力が高まる」効果が期待できます。

食費もグッとおさえることができるため、いますぐ断食をしてみましょう!

関連記事:断食効果は絶大だった!断食のメリットや方法を徹底解説!