広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

なぜ、学校で髪を染めてはダメなのか?髪染め禁止の理由

学校で髪染めは禁止されている髪染めダメ

髪色

なぜ学校で髪染めは禁止されているのですか?

イケメンになる方法を伝授

もちろん、それはルールだからさ

髪色

……。

イケメンになる方法を伝授

(……だまって従ってくれ)

「ルールだから」という理由で、髪染めはダメといわれてきた人は多いかもしれません。

しかし、ルールといわれても、納得できる理由は教えられない場合がほとんどでしょう。

この記事では、なぜ学校が髪染めを禁止しているのか、その理由を現代の社会と照らし合わせてご紹介します。

多くの学校が髪染め禁止

学校髪染め禁止

中等・高等教育において、髪色を金・銀・茶などに変える「髪染め」を禁止している学校はほとんどです。

すでに知っているかもしれませんが、

現代の学校教育は生徒たち個人の自由を第一に考えています。

自由が第一に考えられるのに、

「なぜ学校は髪染めを禁止しているの?」

と、生徒としては疑問に思うことでしょう。

「髪を染めることは私たちの自由じゃないか!」と反論したい気持ちはわかります。

しかし、「髪染め禁止」というのは自由を考えた上で、

生徒全員、社会を考えた上での規則なんです。

(もちろん、学校の体裁もあるかもしれません)

学校が生徒に髪染めを禁止する理由は、自由が行き過ぎることをおさえるためだからです。

学校での髪染め禁止は全体の秩序を保つ

世界中

考えてみてください。

生徒たち個人が何でもかんでも自由にーーここでは髪染めーーをするとします。

髪を染めることが自由になれば、次はコレ、次はコレと、生徒はあらゆることに自由を求めるようになります。

そのうちに、生徒は自由が絶対と考えるようになります。

自由が絶対という感覚、極端にいえば、行き過ぎた自由教育を経て社会に出て行く生徒(個人)には「なんでもありの社会観」が芽生えてしまいます。

なんでもありの社会観が芽生えてしまえば、個人が好き勝手に思ったことを口走り、突拍子もない行動に出ます。

たとえば、「麻薬を吸うのは自分の自由だ」というように。

その結果として現れてしまうのが社会の揺らぎ、いわゆる全体の秩序の崩壊です。

学校が髪染めを禁止している真の理由は、行き過ぎた自由を抑圧して全体の秩序を保つ必要があるからです。

自由と全体

平和の象徴

しかし、全体の秩序を考えてしまえば、自由が全体に見劣りしてしまいます。

生徒・個人の自由は全体を考えた上でのみ成り立つのでしょうか。

この境界線を学校の「髪染め禁止」という規則で上手くまとめているのです。

学校側の髪染め禁止は、自由は認められる。しかし、自由には限度があり、全体を見渡す必要性があるという感覚を生徒・個人に呼び覚ましています。

「髪染め禁止」は生徒が全体を見渡す「鳥瞰する力」を身につけられれば、必然的に緩和されるでしょう。

この章でご紹介した「自由と全体」を考える問題はあらゆるところに存在しており、議論されています。

どれもむずかしい問題ですので、カンタンに解決できないことを最後に付け加えておきます。

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️