広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【要約】 結局、人生はアウトプットで決まる!最強のアウトプット術



アウトプットをしなければ、自分の存在をアピールできない!

アウトプットとは「書く」「話す」「見せる」「行動する」のことで、内から外へ情報を取り出すことを意味します。

一方、インプットとは「読む」「聞く」「見る」「体験する」のことで、外から内へ情報を取り入れることを意味します。

インプットだけでは、自分のもとへ「仕事」や「出会い」などチャンスが舞い込むことはありません。

インプットによる価値を受けるのは “自分だけ” だからです。

一方、アウトプットは自分以外にも価値を生み出します。

そのため、価値を受けた人から「自分」という存在を認識してもらえます!

たとえば「アウトプットの方法」についてまとめた記事を「書く」と


→ あの人は「アウトプット」に精通している

→ アウトプットの方法について聞いてみるか


こうして仕事の依頼を受けることにつながります。

だから、人生はアウトプットで決まるというのです。

中島聡さんが著す『結局、人生はアウトプットで決まる』には質の高いアウトプットをするための方法が紹介されています。

私が最も重要と思ったことを抜粋すると、以下のとおりです!

  • 情報を多角的に集めること
  • 情報を直接集めること
  • なぜそれをやるのか言えるようにすること
  • わかりやすく短い文章で概念を伝えること
  • ディベート力を身につけること

1. 情報を多角的に集めること

AI(人工知能)の開発が進むにつれて、中途半端なアウトプット(情報発信)は意味をなさなくなります。

今や、AIは自ら情報を集めて、情報の発信(アウトプット)をすることができます。

articooloというAIによる文章作成ツールでは、2~5語程度のキーワードを入力することでAIが自らオリジナルの記事を作成します。

中途半端なアウトプットでは「私たちが発信する情報」と「AIが発信する情報」との違いはありません。

そのため私たちには、AIが苦手とする「情報を多角的に集めること」をして、物事の時系列を整理して、質の高い情報発信(アウトプット)をすることが求められます。

2. 情報は直接集めること


× 論文(情報) → 専門家の解説 → ライターが書いた記事 → 記事を読む「自分

 論文(情報) → 論文を読む「自分


また聞きの情報(間接的に集める情報)よりも、情報を直接集めることで、より新鮮な情報に接することができます。

また聞きの情報であると、仲介者の主観により「事実」が歪められることもあります。

より良いアウトプットをするためには新鮮な情報を直接集めること(質の高いインプット)が重要なのです!

3. 「なぜそれをやるのか」を言えるようにすること

ある行動をするときに「なぜそれをやるのか」を言えなければ、その行動の本質をつかめてはいません。

たとえば「なぜこの記事を書くのか?」であれば……


→ この記事を書くことで「要約力」「文章力」「本書の内容」が身につく。

→ 多くの人に「本書」を知ってもらうことで、本書を読んだ人のアウトプットの質が高まり、結果として世の中の情報の質がグンと高まるようになる。

→ だから書きます!


という感じです。本質をつかめていますかしら?

なにか行動をするときは「なぜそれをやるのか?」という疑問をつねに自分に投げかけることが大切です。

この疑問に答えられれば、その行動の意味を理解しているということです。

アウトプットの質も、本質をつかんでいるため、高いものとなるでしょう。

4. わかりやすく、短い文章で概念を伝えること

結局人生はアウトプットで決まる!アウトプットの方法

アウトプットに求められることは、むずかしい概念をいかにカンタンに伝えられるかです!

たとえば「ランドセルとはなにか?」伝える場合です。

ランドセルをまったく知らない人へ、ランドセルをどのように伝えたらよいでしょうか。

ランドセルは肩から背負うもので、小学生が使うもの。

色は黒と赤があったけど今では青や緑などバリエーションが増えて……

わかりやすく、短い文章で伝えることは意外とむずかしいのです!

「わかりやすく、短い文章で伝える練習」として、中島氏は「Wikipediaの用語解説」をさらに短く解説(要約)することをオススメしています!


コンピュータとは?

コンピュータとは、電気を動力として計算処理を自動で行う計算機、すなわち電子式汎用計算機のことである。電子計算機とも呼ばれる。数値計算に限らず、文書作成・動画編集・遊戯など、情報処理・データ処理などと呼ばれるような幅広い行為に用いられる。現代ではプログラム内蔵方式のデジタルコンピュータの中でも、とくにパーソナルコンピュータやメインフレーム、スーパーコンピュータなどを含めた汎用的なシステムを指すことが多い。

Wikipediaコンピュータ


これ以上に短く解説することは至難の業ですね(笑)

5. ディベート力を身につけること

会議で発言しない人は(その場において)存在価値がない!

発言しなければ「君はなんのために来たのですか?」とメンバーから言われます。

大人数の前で発言することが苦手な人には、ディベート力が欠けています。

ディベート力とは、自分の立場に関わらず、賛成・反対の意見を論理的に述べて相手を納得させる力のことです。大まかに言えば「アウトプット力」です!

どんな意見でも発言する価値はあります。

小さな疑問をもとに、論理的な展開をすれば

「なぜそれに気がつかなかったんだろう」と周りは思います。

的外れな意見が意外にも物事の本質をつくのです!

終わりに

AI(人工知能)の開発が進むにつれて、私たちは質の高いアウトプットをしなければなりません。

質の高いアウトプットをするために、多角的に直接的に情報をインプットすることがまず求められます。

わかりやすく、短い言葉で伝え、ささいな疑問も論理的に展開できれば、アウトプットの質はグングン高まります。

「人生はアウトプットで決まる」

これは心に刻み込んでおきたい言葉ですね!

結局、人生はアウトプットで決まる|自分の価値を最大化する武器としての勉強術

今日からアウトプットしまくりましょう!!

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️