広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【意外!】カーシェアリングの使い道とシェアの重要性

カーシェアリング使い道

私たちの主流な移動手段として「カーシェアリング」が注目をされています。

「カーシェアリング / Car Sharing」とは、必要なときにいつでも自由に車を借りられるサービスのことをいいます。レンタカーと似ていますね。

レンタカーとカーシェアリングの主な違いは、車を使用する時間の長さです。

レンタカーは長時間の車の使用を想定しており、カーシェアリングは短時間の車の使用を想定しています。(最短15分)

カーシェアリングは主に移動手段として使われるのですが、意外なことに移動手段ではない使い道があるのだそうです!!

一体どのような使い道があるのかでしょうか。

意外!カーシェアリングの使い道はコレだ!

移動手段以外のカーシェアリングの使い道は5つあります!

ビジネス電話

ビジネス電話

外でビジネス電話をすると他人からのトゲトゲしい視線を感じることがあります。

そうした視線を避けるためにカーシェアリングを利用して、車内でビジネス電話をする人がいます。

また、他人に聞かれたくない話をするときにもカーシェアリングを利用する人がいます。

読書

車の中で読書

「読書をしたい!」

けど近くで静かに過ごせる場所がないときにカーシェアリングを利用する人もいます。

静かにかつひとりで過ごせる場所はあまりありませんからね。

そうした人にとって、車内はピッタリな場所なのでしょう!

それにしても贅沢な使い方です……。

ひとりカラオケ

一人カラオケ

「カラオケ行けよ!」

と言いたいところですが、カーシェアリングの使い方は人それぞれ。

車内でひとりカラオケをする人もいるそうです。

エコーが効くのでしょうね。車内では。

仮眠

男性仮眠

カーシェアリングを利用して昼休みを車内で仮眠して過ごす人もいるそうです。

15分200円ほどですので30分で400円です。

疲れがたまってきたら利用するのもありですね!

カーシェアリングのステーションが近くにあれば良いのですが。

内緒の話

離婚話をする2人

自宅に子どもがいて、子どもには聞かれたくない話をするときにカーシェアリングを利用するのだと思います。

借金や離婚の話ですかね……。

こうした話はしたくないとは思いますが、もし話すことになればカーシェアリングを検討してみてください。

自分の車がある人には必要ないと思います。


このほかにもスマホやパソコンの充電をするためにカーシェアリングを利用する人もいます。

いろいろな使い道がありますが、本来のカーシェアリングの使い道は移動手段です!

子どもの送り迎え、電車のトラブル、急用、ドライブなど、カーシェアリングにはさまざまな使い道があるのですね☆

最後まで記事を読んでくださりありがとうございました!!

(おまけ)シェアは当たり前の時代!シェアすることの重要性

カーシェアリングの重要性

「シェアする」と聞くとひとつのものを分けることを連想して、なんだか「ケチくさい」と感じる方もいらっしゃると思います。

ケチくさいと感じた方はアラフォー以上の世代が圧倒的に多いかもしれませんね。

そうした方に言わなければならないことは「シェアは当たり前」ということであり、今後の社会で「シェアは重要になってくる」ということです。

たとえば、私たちの身近なところで「シェア」の様子を見てみると…

  • 写真のシェア
  • シェアハウス(ルームシェア)
  • SNSのシェア(いいね)
  • 服のシェア

などがあります。

こうしたシェアによって成立する経済の仕組みが「シェアリングエコノミー(共有経済)」です!

シェアすることで物質的なモノの生産が減ることにつながります。

なぜなら、ひとつのモノをみんなで共有(シェア)するからです。

つまり資源の無駄づかいを無くして、地球環境にやさしい世界を作ることができるのです!

また、例にあげたように、家をシェアすることもできます。

そのため、空き家をゲストハウス式にして、需要が高まる宿泊施設の代わりに空き家を使うことができるのです。

とくにイベントごとになると周辺の宿泊施設が満室ということがよくありますからね。

さらに人口減少時代に問題視される「限界マンション」もシェアによって解決できます。

マンションの空き室をゲストハウス式にして、利用者からマンションの管理費をまかなえば良いのです。(もめごとはありますが)

環境問題や資源の乱用問題そして家にまつわる問題を解決するカギとなるのがシェアです。

シェアが当たり前になることで、所有の概念はなくなるでしょう。

これにより人とのつながりがより密接により強固になるのです。

私たちが採用している資本主義も社会主義もしくは共産主義へ移行していくかもしれません。

社会主義と共産主義は共有を重要にする主義ですからね。

カーシェアリングから話が脱線してしまいましたが、それほどまでにシェアには重要な意味が込められているのです。


<関連記事>

今後の社会について