広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

『近代日本人の美意識』要点まとめ

近代日本人の美意識はどこから生ずるのか?

近代日本人の美意識」はどんなところから生じたのか?

また、どこにみられるのか?

本書に述べられていることを参考に「近代日本人の美意識」について考えてみたい。

近代日本人の美意識とはどこにみられるのか?

本書で述べられている近代日本人の美意識は「遊び心」「宗教意識」「愛と性」などがある。

この記事で紹介している美意識は2つあり、ひとつは極小空間の中で自由を抑圧するところ。ふたつめがである。

①極小空間の中で自由を抑圧するところ|求心的な自己の探求

極小空間の中で自由を抑圧すること、すなわち自己の求心的な探求は千利休の茶の精神(わび)にみられる。

1587年ごろ豊臣秀吉が催した「北野の大茶湯(大茶会)」ーー茶室や野点の席が800を超える規模の外向的なイベントーーに対して、千利休の茶は畳二畳の極小空間で内向きに行われれていた。

この極小空間において、自己の限りない求心的な探求をする。

その抑圧された自由と求心的な探求が重なり合うところに「美」が感じられて、それが宇宙大の開放感へとつながるのである。

ところで章のはじめに埋め込みした茶道の動画の中で、ひとりの出演者は茶道の美について以下のように語る。

日本の感覚というのは、“省略の美” なんです。盛り込むのではなく、ヘズって剥ってこれ以上剥れないところに百花をみる、というのが楽しみ方なんです。

都合のよいところを引用して申し訳ないのだが、「宇宙大の開放感」が「百花を見る」と表現されていることがわかる。

マゾヒスティックな自閉|「粋」だねぇ

求心的な自己の探求は、江戸時代に生じた美意識である「粋」にもみられる。

たとえば江戸時代に生きる人たちのファッションを考えてみたい。

江戸時代に生きる人たちは、上に羽織る衣服はあまり目立たない地味な色合いを、また、肌に身につける袴は思いきり目立つ派手な色合いを嗜んでいた。

それが「粋」であり、マゾヒスティックな自閉であった。

自分を外ではなく内に向けること、そこに近代日本人の美意識がみられる。

②死

近代日本人の美意識、ふたつめは死である。

日本だけではなく西洋にもみられるが、美の背景には死があり、「死」に私たちは美を感じる(惹かれる)のである。

ここで茶について考えてみたい。

茶の歴史を知ると、その中では茶人の死の歴史があることがわかる。

  1. 茶の文化財としての価値をつくりだした信長
  2. 茶道を大成した千利休
  3. 千利休の高弟である山上宗二
  4. 古田織部
  5. 茶を愛した井伊直弼

だれもかれも非業の死をとげている。

その背景(死)と茶の精神とが重なり合い、私たちは茶に美を感じるのであろう。

なぜ美の背景には死があるのだろうか

ところで美の背景に死がある理由とはなにか?

それは美が生まれた原点にあるのかもしれない。

『日本書紀』によれば、イザナミノミコトの葬儀において、「音楽」や「舞踊」をもって死者をいたわったとされる。

これは古く大王が亡くなり、大王の魂をいたわるときにもみられる遊びである。

つまり「死」は「遊び」に結びつけられていたのである。

『近代日本人の美意識』によれば、目に見えないものとの交歓が遊びの本義であるとのこと。

これが現代の私たちの美意識につなげっているのかもしれない。


遊園地の絶叫系マシン(ジェットコースター)は私たちを死への恐怖(スリル)へ誘う。

花火が美しいと感じるのは、その「はかなさ」というよりも、その背景にある職人の死への恐怖があるから(なのかもしれない)。

このように「死」と「美」とは表裏の関係にあり不可分なのである、と言えなくもない。

俳句の目的|文芸の目的は求道ではなく美にある

本書『近代日本人の美意識』で紹介されていたのだが、俳人の高浜虚子いわく

「文芸の目的は真ではなく美である」

とのこと。

ひとたび文芸の目的が求道にそれてしまえば、文芸の香気は消え去ってしまう。

一体どうしてだろうか?

まだ今の私はこの言葉に対する明確な答えを持ちあわせていないため、ここで筆をとめておくことにする!

まとめ|美を学ぶ理由とは?

なぜ美を学ぶのか?

自分の探求というのが人生の永遠のテーマであり、美について探求することは自分を深く知ることにつながるのではないかと思うからである。

「自分がなにに魅せられるか」美意識は個人の性質と生まれ育った環境におおかた依存すると思われるため、これほど自分の探求に良い道具はないだろう。

また、美は内容空虚とされるあらゆる宗教的な行事にも意味をもたせてくれるからだ。

さらにいえば、クリエイター(創造者)は誰もが美の基礎知識を身につけて美を体現する必要があると思うからである。