広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

騒音が健康に影響を与える4つのこと!

騒音が健康に与える影響

「うるさい」

この文章と音楽のように、うるさいこと(騒音)は否が応でも目や耳に入ってきます。

私たちが生きる社会では、騒音が日増しに問題となっています。

2011年に世界保健機関(WHO)は、騒音が原因で、西ヨーロッパの国だけで160万人の健康寿命が失われると推定しました。

騒音は健康に甚大な悪影響を及ぼします。

具体的にはどのような影響があるのでしょうか。

騒音が健康に与える4つの影響【TED】

音の専門家である Julian Treasure 氏は、音が人に与える代表的な影響について、以下の4つをあげています。

1. 生理的に与える影響

音は人間のホルモン(アドレナリンやコルチゾール)分泌に影響を与えて、呼吸や心拍数や脳波に影響を与えます

疫学の研究によると、騒音は「心臓発作」や「脳卒中」のリスクの増加と関連性があると考えられています。

騒音の研究者である Mathias Basner 氏はTEDにてこのように発言しています。

アメリカの社会では、騒音を5デシベル減少させることで、騒音に関わる治療費など毎年39億ドルを節約できることを最近の研究から見出しました。

ただ、騒音が原因であると結論づける十分な証拠はまだありません。

Why noise is bad for your health — and what you can do about it – TED

騒音が原因であると言える十分な証拠はまだありませんが、騒音が健康に影響を与えることをほのめかしています!

2. 心理的に与える影響

音は私たちの感情(心理的)に最も強い影響を与えます!

たとえば、「鳥の鳴き声」は多くの人に安心感を与えます。

オオルリのさえずり♪

この音を聴くと心が安らぎますね!

いやされる音ともいえます。

背筋に寒気が走る音♪

この記事には載せることはできませんでした。

『着信アリ』のようなホラー映画に使われる音には背筋に寒気が走ります……

3. 認知機能に与える影響

騒音は認知機能にも影響を与えます。

たとえば、2人の人に同時に話しかけられるとき。私たちは2人の話を同時に理解することはできません。

私たちの聴覚の入力処理の範囲は限られています。

騒音の環境下で働くと、認知機能がうまく働かなくなるため生産性は66%低下するとされています。

4. 行動に与える影響

最後は行動に与える影響です。

買い物のときに速いテンポの音を聞くと、私たちの買い物のペースは速まり、お店の回転率は上がります。


騒音が健康に影響を与える4つの影響まとめ

生理的に与える影響

心理的に与える影響

認知機能に与える影響

行動に与える影響


騒音の影響力(デメリット)

交通量が増え続け、都会化が進み、騒音は日増しに問題となっています。

騒音の影響力は大きく、騒音は「心血管疾患」のリスクの増加と関連がある報告がされています。

さわがしい地域の学校に通う子どもたちは学業成績において遅れる傾向がある研究報告もあるそうです。

さらに、騒音は睡眠障害を招く恐れがあります。

このように騒音は私たちの健康に多大な悪影響をおよぼすのです!

睡眠に適した音(dB:デジベル)

音の程度を表す単位にデシベル(dB)があります。

● 90dB:カラオケにいるくらいの騒がしさ

● 60dB:周囲が騒がしいが話はできる

● 40dB:図書館と同じくらいの静けさ

● 20dB:深夜の静けさ

睡眠をとる環境には40dB以下が良いとされています。

正確に測ったことはありませんが、管理人の睡眠環境は60dBくらいあると思います。

健康面でかなりのマイナスです……。

管理人は閑静な土地で睡眠をとると、翌朝の目覚めが快適であり、春が訪れたような清々しい朝を迎えることができます。

沈黙の夜

車、バイク、電車、そして工事現場などから聞こえる騒音は健康に悪影響を与えます。

今や沈黙は非常に貴重な時間です。

沈黙の時間は私たちに快適で心が安らぐ時間を提供してくれます。

春は騒がしくても良いのですが、夜が騒がしいのはダメです。