広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【ヴァイオリン】ヒラリー・ハーンの演奏まとめ!

ヒラリーハーンヴァイオリン演奏

こんにちは!

ライフカクメイ管理人の松岡と申します。

専門の楽器はリコーダーです。中学生のころに吹いた。

この記事は管理人の音楽の勉強の一環として書かれています。

暖かい目で記事をみてくださればうれしいですm(_ _)m

現代最高のヴァイオリニストと称されるヒラリー・ハーン氏の演奏をご紹介しながら、学んでいきます♪🎻

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調K.216

演奏時間 26分
Concerto for Violin and Orchestra No. 3 in G major, K. 216
作曲 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト

1775年に作曲された

「G major」は英語での名称であり、日本語では「ト長調」を意味する!

ト長調は西洋音楽における調のひとつ。

ト (G) 音を主音とする長調のこと。

ト長調の特徴

シャルパンティエはト長調について「甘い喜ばしさを表す」と述べている。

マッテゾンは「人を引きつける雄弁な性格を強く持ち、輝かしさも少なからずあり、真面目な表現にも、活気のある表現にもよく適している」と述べている。

軽く、流れるような響きを持つとされ、そのことから小編成で室内楽的な曲が多く、大規模な作品はあまり書かれていない。

ト長調

「K. 216」というのは「ケッヘル番号」のことであり、モーツァルトの作品番号を表します!

番号はK. 1からK. 626まであり、K. 626はモーツァルトの死によって未完に終わったレクイエムであるそうです。

構成

第1楽章:allegro ト長調 4分の4拍子 協奏曲風ソナタ形式 9分〜10分

allegro(アレグロ)はイタリア語であり「陽気な、快活な」を意味する。

音楽用語では速い速度を示します。

第2楽章:adagio ニ長調 4分の4拍子 ソナタ形式 8分〜9分

adagio(アダージョ)はイタリア語であり「くつろぐ」を意味する。

音楽用語では遅い速度を示す、あるいは遅い速度で書かれた楽章や楽曲そのものを示します。

第3楽章:rondo-allegro ト長調 8分の3拍子 ロンド形式 6分〜7分

rondo(ロンド)はフランス語であり、日本語で「輪舞曲」と書かれる。

異なる旋律をはさみながら、同じ旋律(ロンド主題)を何度も繰り返す形式。

『シュトラスブルグ協奏曲』とも呼ばれることがある。

参照:Wikipedia


ヴァイオリン協奏曲とは?

ヴァイオリン協奏曲は、ヴァイオリンのための協奏曲。

通常はヴァイオリン独奏者(ソリスト)と管弦楽による伴奏によって構成される。

まれに複数のヴァイオリン奏者(演奏者)がいる場合もある。

バロックの時代から現代まで、多くの有名な作曲家がヴァイオリン協奏曲を作曲しており、協奏曲の重要なジャンルとみなされている。

ヴァイオリン協奏曲

バロック時代

ヨーロッパにおける17世紀初頭から18世紀半ばまでの音楽の総称。

この時代はルネサンス音楽と古典派音楽の間に位置する。

絶対王政の時代とほぼ重なる。


メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64

演奏時間 27分
ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64
作曲 フェリックス・メンデルスゾーン

1844年に作曲された

ホ短調は、西洋音楽における調のひとつ。

ホ(E)音を主音とする短調のこと!

ホ短調の特徴

ヴァイオリンの最高開放弦を主音とする短調であり、他にもG、 (D) 、Aの弦の音を含んでいるので、ヴァイオリンに演奏しやすく、よく音の響きやすい短調のひとつである。

シャルパンティエは「ホ短調」について「なまめかしさや悲しさを表す」と述べている。

マッテゾンは「非常に考え込み、深く沈み、悄然とし、悲しげな状態を作り出す」と述べている。

ホ短調

構成

第1楽章 allegro・モルト・アパッシオナート ホ短調 ソナタ形式 13分〜14分

第2楽章 andare ハ長調 三部形式 8分〜9分

andare(アンダンテ)はイタリア語であり「歩く」を意味する!

allegretto(アレグレット)とallegro(allegro)の中間の速度を示します。

第3楽章 アレグレット・ノン・トロッポ 〜 アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ ホ短調 ソナタ形式 6分〜7分

参照:Wikipedia

三大ヴァイオリン協奏曲のひとつ!

明るい華やかさ、幸福感と憂愁の両面を併せもち、穏やかな情緒とバランスのとれた形式、そして何より美しい旋律で、メンデルスゾーンのみならずドイツ・ロマン派音楽を代表する名作であり、本作品は、ベートーヴェンのOp(作品)61ブラームスのOp(作品)77と並んで、3大ヴァイオリン協奏曲と称される。

メンデルスゾーン協奏曲

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品 61

演奏時間 48分
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
作曲 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

1806年に作曲された

ニ長調の特徴

“D” という文字が神 (deus) を連想させるため、崇高な精神を表現したいときに好まれる

バロック時代から初期ロマン派時代にかけて、弦楽器の響きが最も良く、トランペットとティンパニが使える調として重要視され、祝典的行事のために盛んに書かれた。

シャルパンティエはニ長調について「喜びと勇壮さを表す」と述べている。

マッテゾンは「幾分鋭く、頑固な性質を持っている。騒ぎや楽しげなもの、好戦的なもの、鼓舞するようなものに最も適している。」と述べている。

ニ長調 

構成

第1楽章アレグロ・マ・ノン・トロッポ ニ長調 協奏風ソナタ形式 25~26分

第2楽章ラルゲット ト長調 変奏曲 11~12分

第3楽章ロンド アレグロ ニ長調 ロンド形式 10分

参照:Wikipedia


ヴァイオリン協奏曲の王者

ベートーヴェン中期を代表する傑作の1つである。

彼はヴァイオリンと管弦楽のための作品を他に3曲残している。

2曲の小作品「ロマンス(作品40および作品50)」と第1楽章の途中で未完に終わった協奏曲(WoO 5)がそれにあたり、完成した「協奏曲」は本作品1作しかない。

その完成度はすばらしく、『ヴァイオリン協奏曲の王者』とも、あるいはメンデルスゾーンの作品64、ブラームスの作品77の作品とともに『三大ヴァイオリン協奏曲』とも称される。

ヴァイオリン協奏曲 (ベートーヴェン)

無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV1001 – 第4楽章 プレスト

演奏時間 不明
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ
作曲 ヨハン・セバスチャン・バッハ

1720年ごろに作曲された

ト短調の特徴

シャルパンティエはこの調について「厳守で壮麗」と述べている。

マッテゾンは「真面目さと愛らしさを持ち合わせている最も美しい調」と述べている。

モーツァルトの曲の分析では、死を予感させる調性としてしばしば言及される。

ト短調

構成

ソナタ第1番ト短調 BWV1001

●Adagio

●Fuga. Allegro

●Siciliano 変ロ長調

●Presto

パルティータ第1番ロ短調 BWV1002

●Allemande – Double

●Courante – Double. Presto

●Sarabande – Double

ソナタ第2番イ短調 BWV1003

●Grave

●Fuga

●Andante

●Allegro

パルティータ第2番ニ短調 BWV1004

●Allemande

●Courante

●Sarabande

●Gigue

●Chaconne

ソナタ第3番ハ長調 BWV1005

●Adagio

●Fuga alla breve

●Largo

●Allegro assai

パルティータ第3番ホ長調 BWV1006

●Preludio

●Loure

●Gavotte en Rondeau

●Menuet I

●Menuet II

●Bourree

●Gigue

参照:Wikipedia


古今の名作のひとつ!

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作曲した無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006は、3曲ずつのソナタ(BWV番号は奇数)とパルティータ(BWV番号は偶数)合計6曲からなり、ヴァイオリン独奏の楽曲として、今日では古今の名作の一つに数えられる。

無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ

ヒラリー・ハーン 公式ページ

勉強は続きます!

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

スポンサードリンク