広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【高カカオ限定】 リンツのチョコの種類!オススメは78%!!

リンツのチョコの種類まとめ!

最近リンツのチョコをよく見かけませんか?

最近では「成城石井」や「カルディ」「ドンキ」「バロー」「北野エース」など、どのお店でもリンツのチョコが並べられています。

リンツのチョコは高品質であり、チョコ好きな人からリンツは高い評価を得ています!

リンツはリンツでもリンツチョコの種類はたくさんあります。

この記事ではチョコ大好き人間の私、松岡が

【高カカオ限定】でリンツのチョコを6種類だけ

ご紹介したいと思います。

【高カカオ限定】リンツのチョコの種類!

リンツのチョコレート!

リンツのチョコは、あめ玉みたいなチョコの種類がとにかく多い。

この「あめ玉」みたいなチョコは

リンドール

と呼ばれています!

リンドールの最高カカオパーセントは70です。

高カカオにすべり込みセーフでランクインというところでしょうか。

この記事ではカカオ70%以上の「高カカオ」と呼ばれるチョコの種類だけご紹介しています。

高カカオは健康的であり、太りにくく、チョコ本来のおいしさが味わえる、スーパーフードです。

さて、前置きが長くなりました。

高カカオだけに的を絞ったリンツのチョコは6種類あります!

1. エクセレンス99%チョコ

「リンツの顔」とも呼べる最高傑作のチョコレート!

ほとんどのお店では、99%は冷蔵庫で保存されています。

リンツの99%チョコはとんでもなく苦いです。

カカオ豆の味しかしません(笑)

私が完全な砂糖断ちをしていたときに(「砂糖断ち」すると甘みを感じやすくなる)食べたときでさえ、悶絶するくらいのチョコです!

チョコマニア以外の方は手を出さない方が良いでしょう。

私は自称チョコマニアですが、ノックアウトされました。

2. エクセレンス90%チョコ

使われている素材が違う!

リンツの「99%チョコ」と「90%チョコ」の違いは、カカオの含有量だけではありません!

酸味や後味などにも違いがあり、そもそも使われている素材も違います。

リンツのチョコには99%、90%、85%、78%、70%とありますが、それぞれが独自の味を持つのが特徴です。

3. エクセレンス85%チョコ

リンツ85%チョコは苦味と酸味が強いです。

リンツのホームページには

しっかりとしたカカオの風味と深味と深入りしたコーヒー豆のような香りがある。

とあります。

リンツとリンツ以外の「カカオ85%チョコ」を食べくらべると、明らかにリンツ85%チョコの方が苦く酸味が強いです。

コーヒーをブラックで飲めない人にはリンツの85%は食べられません。

4. エクセレンス78%チョコ☆

一番オススメできるチョコは78%

高カカオが好きなら迷わずコレです!!

リンツショップにだけ売っているかと思います。

リンツのショップはアウトレットや大手デパート(Takashimayaなど)へ行くと見かけるかと思います。

とにかくオススメです。

5. エクセレンス70%チョコ

70%はカカオの甘みとカカオの苦みのバランスが調度良い!

カカオ78%はハードルが高い!う〜んどうしよう。。。

と考えている人には70%チョコがちょうど良いです。

甘めのチョコが好きな人にはオススメです。

6. リンドール70%チョコ(WEB限定)

同じくリンツ70%チョコの「リンドール」と呼ばれるチョコ。

WEB限定で販売されています。

リンツのショップだと、「リンドール」は68%が一番カカオの含有量が高い商品だと思います。

終わりに

リンツのチョコを6種類ご紹介いたしました。

もしも「バレンタインデー」や「ホワイドデー」もしくは「プレゼント用」のチョコ選びに迷ったら、リンツ78%チョコを検討してみてください。

それ以上にカカオ%が高いと苦すぎて、それ以下にカカオ%が低いと甘すぎるからです。

リンツ以外のチョコを知りたい方はこちらの記事でも高カカオチョコレートをご紹介しています。

チョコ選びの参考になれば幸いです!

以上、リンツのチョコの種類についてでした!

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️