広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【代表的】読書のアウトプット方法5選!読書効果を高める!

読書アウトプット方法

「読む」 「聞く」 「書く」 「話す」

この中でアウトプットとは主に「書く」と「話す」をいいます。

アウトプットすることで、本から得た知識が身につき、仕事や私生活において大いに役立ちます!

ただ読書することは「読む」だけですので、アウトプットとは正反対のインプットに分類されます。

ただ読書する(インプット)だけでは本から得た知識は身につかず・定着せず、その内容をすぐに忘れてしまいます。

そのため、読書はインプットだけではなく、アウトプットをセットとして考えることが重要なのです。

この記事では、読書のアウトプット方法を5つご紹介しています!

読書のアウトプット方法【1】本を読みながらひとりで要約する

読書のアウトプットとして要約する

「つまりこの章は〇〇で〇〇だから〇〇なんだね」と本を読みながら要約すること。

要約には本の内容を理解・解釈することが求められます。

理解・解釈することで自然と頭の中で内容が整理されて、本から得た知識は身につきやすいです!

読書のアウトプット方法としては気楽にできます。

効果は高いです!

読書のアウトプット方法【2】誰かと本の内容について話す

読書のアウトプット方法で会話する女性

誰かと本の内容を話すことで知識は知恵に変わります!

また、いつまでも本の内容を覚えているのです。

本の内容を話すことは、相手にわかってもらえるように伝え方に工夫を凝らす必要があります。

そうした工夫を凝らす過程で、頭の中が整理され、本から得た知識が身につき・定着します!

本の内容を誰かと話すことは、読書のアウトプット方法としては難易度は高いです。

読書のアウトプット方法【3】本に文字を書き込む

本に字を書くアウトプット

本に文字を「書く」ことは気楽にできるアウトプット方法のひとつであり、効果も高いです。

文章から新たな気づき(インスピレーション)を得られたときに、その場で書き込むことができますし、本に文字を書き込むことで、本を再度読み返したときに、最初に読んだときに得た気づきを確認することができます。

また、本に文字を書き込むことで、書き込んだ周辺の文章が頭に定着します!

読書のアウトプット方法【4】SNSやブログで本を紹介する

ブログやsnsで本を紹介するアウトプット

SNSやブログは多くの人に文章がみられる場でもあり、必然的に良い文章を書くことに気を配ります。

本の内容を実際に紹介するとなると

「どの場面が良かったか」

「どうしたら読みたくなるか」

など、伝え方にかなり苦労します!

その苦労をくぐり抜けて考え抜いた文章は頭の中で一生定着するでしょう。

読書のアウトプット方法として、効果はかなり高いです!

読書のアウトプット方法【5】とにかく書かれていることを実践する

読書書かれていることを実践するアウトプット

書かれていることを実践したならば、その本から得た内容が 100% 身についているといっても過言ではありません。

最強の読書のアウトプット方法とは「とにかく書かれていることを “実践する” こと」です!

ただ読書する(インプット)だけでは誰かの役にも立ちません。

読書が大好きな人でもアウトプットをしなければ宝の持ち腐れです。

教養(知識ではない)を高めるためにも、ただ読書する(インプット)だけにとどまらず、書かれていることを実践することをオススメいたします!!

まとめ

ただ読書する(インプット)だけではなく、アウトプットを取り入れることで、本から得た知識が身につき、誰かの役に立ちます!

この記事でご紹介させていただいた読書のアウトプット方法は5つです。

  1. 本を読みながらひとりで要約する
  2. 誰かと本の内容を話す
  3. 本に文字を書き込む
  4. SNSやブログで本を紹介する
  5. とにかく書かれていることを実践する

本を読んだ後のアウトプットは読書の効果を100倍以上にします!

やらない方がもったいないです!!

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました☆

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️