広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

快楽の法則|アポロの盃

三島由紀夫氏紀行文集のアポロの盃の文中にある「快楽の法則」について解説したいと思う。

以下は三島氏の文章を抜粋したものである。

快楽の法則


快楽というものは、欲望をできるだけ純粋に昂揚させ、その欲望の質を純化して、対象との関わりを最小限にとどめしめるものでなければならない。

純化されない欲望は対象にこだわるから、どんな対象もその欲望を満足させず、したがって欲望は真摯になって快楽から遠ざかる。

快楽の対象は、それが得られる前には欲望を昂揚するために十分であり、しかも得られたあとは、欲するものが得られてしまったという欲望を惹起しないために、できるだけ以前の欲望を思い出させないような、些細な客観的価値をもっていなければならぬ。

その価値はしかし主観的には伸縮自在でなければならぬ。

虚無あるいは理想は主観的な価値をしかもっていないから、おそらく快楽の対象として最適のものである。

三島由紀夫紀行文集』アポロの盃より


釣りが快楽の法則を網羅している理由

「釣り」が快楽の法則を網羅している理由について解説したいと思う。

釣りの対象との関わりとはもちろん「魚」のことである。

この「魚」は得られる前は「魚」ではなく、釣れるまでの間の「正体は何だろうかな?」とワクワクと期待している状態であり、欲望を純粋に昂揚させるために十分である。

※「欲望を純粋に」とは、人間の本能的な欲望のことである。芸術を鑑賞して、自然に美しいと思えるのと似ている。そこには「純粋」とは対照的である「邪念・私欲」はない。

そして実際に釣れた後は「魚だ!」ということが判明する。

釣れる前は「正体は魚」ということが理想であり、実際に魚を得られた後には「魚を得られてしまった!」という欲望は引き起こされない。

物事の「前」と「後」との欲望がことなるからである。

些細な客観的価値というのは、「魚の値」であることは三島氏の言うとおり。

したがって、釣りは人間の発明した大抵の快楽の法則を網羅しているというわけである。

物欲は快楽の法則を網羅しているか?

物欲は快楽の法則を網羅していない。

まず物欲は、欲望を純粋に昂揚させない。

ブランド品のカバンが欲しい理由は、純粋な欲望であることはない。

その欲には邪念がつきまとっている。

また物欲は対象に執拗にこだわり、対象とのかかわりは最小ではなく最大となる。

これはブランド品のカバンが得られてしまった欲望を最大限に引きおこしてしまう。

エピクロスの哲理|享楽主義

三島由紀夫氏がたったひとつの本として称している『葉隠入門』の33番目の項目にエピクロスの哲理について書かれている。

エピクロスの哲理は、享楽がそのまま幻滅におちいり、果たされた欲望がたちまち空白状態におちいるような肉体的享楽をいっさい排斥した。

満足は享楽の敵であり、幻滅をしか引き起こさない。

とある。

はなはだ「満足感」と「幸福感」を同一視する現代人の目を覚まさせる文章である。