広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

臓器移植を待つ人が死なない世界を創る方法【TED】

ブタのイメージ

臓器の供給が足りていない。

臓器提供がされないために死んでいく人は今、この瞬間にいる。

臓器移植を待つ人が死なない世界を創る方法は、ブタの体内でヒトの臓器を作り、作られた臓器をヒトに移植する「異種移植」をすることです。

生理学者のルハン氏は異種移植にまつわる問題を解決すべく、ブタの臓器をヒトに移植するための方法を模索します。

患者のために、その家族のために、そして患者を助けたいと思っている医者のために

臓器移植を待つ人が死なない世界を創る方法【TED】 How to create a world where no one dies waiting for a transplant

プレゼンター紹介 Luhan Yang:生物・遺伝学者
配信日 2018年4月
ジャンル 科学、遺伝子工学
動画の時間 13:42
ポイント ・臓器移植

・医療と倫理のジレンマ(生命倫理)

なぜブタの体内でヒトの臓器を作るのか

ブタを選ぶ理由は2つあります。

●ブタの臓器がヒトの臓器の大きさと同じくらいであること。

●ブタとヒトの生理機能が似ているということ。

現在アメリカでは、115,000人近くの患者が救命の臓器移植を必要とします。(TED 0:40)

ヒトの臓器だけでは賄えず、足りない臓器をブタの臓器で賄うことを試みています。

しかし、ブタの臓器をヒトに移植する「異種移植」には2つの問題があります。

●ヒトの免疫システムがブタの臓器に対して拒絶反応を起こすこと。

●すべてのブタが自然に持つウイルス(ブタ内在性レトロウイルス「RERV」)にヒトが感染する恐れがあること。

このウイルスはHIVと同様にウイルス流行を引き起こす可能性があると考えられています。

現在、すべてのブタが自然に持つウイルス(PERV)を消すことに成功しました。

残りの「ヒトの免疫システムがブタの臓器に対して拒絶反応を起こす」を解決できれば「異種移植」ができるようになり、臓器移植を待つヒトが死なない世界を創ることができるのです。

ブタ一匹の命とヒト8人の命

プレゼンターの Yang 氏はこのようにおっしゃいます。

So imagine one pig can save eight people’s lives. In addition, similar to human donation, if we only harvest one kidney from the pig, the pig can still be alive

1匹のブタが8人の命を救うことができると想像してみてください。 さらに、人間の寄付と同様に 、ブタから腎臓を1つだけ収穫すれば、 そのブタはまだ生きている可能性があります。

これに対してTED代表の Anderson 氏は

No one can say that to you if they eat bacon, right?

あなたがベーコンを食べるかどうか誰も聞かないでしょ?

Yang 氏の返答は

That’s a good point.

痛いところをつきますね(笑)


これは「ブタさんがかわいそう」

で片付けられる問題ではありません。

ブタ1匹の命と引き換えにヒト8人の命を救う、人間のエゴイズムが反映されている “生命倫理” にまつわる問題です。

プレゼンターは臓器提供を待つ人のために、人を助けるために研究を続けているわけであり、人道にしたがっています。

そして私たちは豚肉を食べています。

「豚肉を食べる=命を奪う」という図式がありますので、ブタ1匹の命または臓器を引き換えにヒト8人の命を救うことに、腑に落ちないことはないと思われます。

しかし、自然の摂理(食物連鎖)として屠殺されるブタと人工的にブタの生命をヒトに転換する異種移植では、どちらが人間の “エゴイズム” が反映されているかは明らかではないでしょうか。

つまり異種移植では、人間が神を演じるという “不遜な態度” が見てとれるのです。

異種移植は医学と科学の可能性そして選択肢を広げます。

すなわち人類の可能性と選択肢を広げることでもあります。

しかし、踏み出してはならない境界線はあります。

臓器移植を含めて異種移植は確実に死の概念がゆらぐ(機能の停止・機能主義)問題となるでしょう。

この問題に対しては賛否両論ありますが、一筋縄ではいかないことが現代社会の複雑性を物語っています。

How to create a world where no one dies waiting for a transplant