広める価値のあるコンテンツと思ったらコメントをお願いします!☺️

Duolingoで中国語を100日間学習した成果|達成レベル

スマートフォンで手軽に外国語を学習できる無料のアプリ、Duolingo(ドウリンゴ)

全世界で1億2千万人を超える人がDuolingoで語学を学習しており、そのうちの一人のわたしはDuolingoで中国語を100日間(3ヶ月以上)続けて学習している。

100日間Duolingoで中国語を学習して、気がついたこと、また、どれほど話せるようになるのか、わたしのDuolingoの学習方法を本記事で紹介したい。

【100日間】Duolingoで中国語を学習して気づいた3つのこと

その一、3ヶ月の学習で会話可能なレベルへは到達しない!

その一は、書籍のタイトルや広告の宣伝文句にみられる、「3ヶ月で英語がペラペラになる!」とか「3ヶ月で君もネイティブに!」とか「3ヶ月で外国語が話せます!」とか等々、それらが嘘八百であることが判明すること。

“話せる” を不器用にも意思疎通が可能な程度、と解釈するならば、あるいはリスニングは退けておいて一方的なスピーキングが可能である、と解釈するならば、なるほど、これならたしかに3ヶ月で外国語が話せるだろう。しかし話は別である。全然まったく別なのである。

“話せる” とは、わたしの話し方によって相手にストレスを与えない会話一般の程度を示している。この意味においては、ーー英語も中国語もどのような外国語もーー3ヶ月の語学学習では会話可能なレベルには当然到達しないのである。

その二、英語力を衰えさせない

Duolingoで中国語を学習するならば、土台の言語は英語であり、英語を介して中国語を学習する。

それゆえ中国語を学習するにつれて、知らずして英語力が成長し、なにか英語で表現するときには、その表現が喉元につかえることは減るのである。また、英文と中文とを音読することによって、English用の(あるいは中文用の)舌の筋肉を動かすため、あの長年話さずにいると喉元で濁る、あの汚い発音を避けられる利点がある。

その三、じわじわと語学力が身についている

なにかひとつのテーマを100日間学習する(続ける)と、たしかにテーマについての力が身につくことが判る。

これは筋トレに似ており、100日間筋トレを続けた身体と、なにもせずに100日間過ごした後の身体とを比べれば、一目瞭然とはこのことである。

最近は1日20分〜30分、Duolingoで中国語を学習している。1日20分〜30分であれば、通勤・通学の時間や仕事の休憩時間、あるいはトイレの便器に座る時間や、あるいはSNSに費やしている時間を学習にあてられる。

つねにわたしたちの身辺にあるスマートフォンを学習に使わない手はない。つまりスマホ学習は、いかなるコンテンツであれ、学習を継続しやすいのである!

そして付言すると、スマートフォンの待ち受け画面(壁紙)を外国語の単語に置き換えるのもおもしろく、わたしは中国の地図を待ち受け画面にしている。

中国の地図

中国の地図(省)をおぼえておくと、中国の話をするときに、きっと役に立つ。

【100日間】Duolingoで中国語を学習して達成したレベル

わたしの過去の日記に『Duolingoで中国語を30日間学習した成果』と『Duolingoで中国語を60日間学習した成果』とがある。過去と現在とを比べると、僅かだが、〈中国語が〉成長したのだと思えてくる。

ちなみに、わたしはレッスンを修了するたびに獲得できるCrownを330個所有している。100日間とはいえ、その学習量はCrownを330個所有したレベルを想定してほしい。

1. 中国語のリスニング

以上のYoutube上で女性が話す中国語は聴き取ることができる(ようになる!)

この緩やかに話される短文の中国語であれば、2ヶ月(crown200個)あれば、聴き取ることのできる段階に到達する。

ところで以上のYoutube上に登場する女性は、ChineseFor.usという英語から中国語を学習するためのサイトの運営者の一人である。Duolingoと並行して学習されたいサイトである。

2. 中国語のスピーキング

この1ヶ月の間、筆者は中国人と会話する機会に恵まれなかっため、スピーキングの成長はのぞかれない。

とはいえ、Duolingo(ドウリンゴ)では音声入力の問題が出題されるため、スピーキングの要素である発音の成長はのぞかれる。

60日前の発音と比べると、わたしの発音をDuolingoが認識してくれる割合は増えた。

スピーキングの発音に関していえば、わたしの発音の精度は進化していると思う。

しかし相変わらず “これ” を表す「这」の発音は認識してくれない。

3. 中国語のライティング

中国語のライティングの学習環境をDuolingoは提供していない。そのため、わたしのライティング力は成長していない。

中国語のライティング力を強めるために中国語のブログをはじめようと思っているが、日本語から中国語へ翻訳するとなると小学生のような文章が出来上がるため、抵抗があり、手付かずの状態である。

中国語のライティング力を強めるためには、Duolingo以外の教材から学習せねばならない。

4. 中国語のリーディング

ビジネス文章は読めないが、ホテルやレストランないで中国語の表記の説明や注意書きを読むことはできる。

また100日間(3ヶ月以上)学習を続けると、意識せずに文法を学習せずとも、無意識のうちに文法が身につく。

数多くの中国語の短文に接することで、流れるままに文法をおぼえるようになるのである。

もちろん高度の力の中国語を身につけるならば、文法学習は必須である。


全体的には成長している。ただ実のところ中国語の会話の機会に恵まれないため、表現したい言葉を引き出せる力が身についているのかは疑問点が残る。

わたしのDuolingoの学習方法

筆者がDuolingoの学習で心がけていることは、以下の2点である。

Duolingoで学習する人の参考になればさいわいである。

1. Read out loud(文章を声に出して読むこと)

Read out loud すなわち音読することで、中国語の文章が長期記憶に留まりやすくなる。

黙読であれば目からのみの学習であるが、音読は目と耳と口からの学習であり、複数の感官を活動させるため、記憶に留まりやすくなるのだと思われる。

中国語のみならず英語をも音読することで、英語の発音を強化することもできる。

2. 一つの文字の意味を考える

たとえば中国語の「码/mǎ」は数・番号を表す文字である。

「石」と「馬」とを併せ出来上がった字が「码/石馬」であり、これがなぜ数を表すのかは置いといて、码が数を表すことを知っていると、文章を読むとき書くときに幅広く応用可能なのである。

「电话号码」は電話番号であり、「密码」は暗証番号(パスワード)である。

これは日本語や英語でも同様であり、いま適当に思いついた文字であれば以下が挙げられる。

-然(状態)整然、雑然、泰然、敢然、悄然

-ism(主義)nationalism, populism, eroticism, impressionism

1日20分を100日間。1個のスキルが身につく

学習しようと意気込むのではなく、ただ気楽に空いた時間にアプリを開けてレッスンを受講するだけで外国語の力が身についてくる。ひとつのレッスンの所要時間は3〜5分。外国語の学習は、基礎の段階であれば思考力がほぼ停止した状態でも行える。そのため、学習のための余力を残さずとも、Duolingoでは学習を行えて、外国語を身につけることが可能である。

外国語学習ではなくとも、数学や物理、あるいは音楽やダンス、あるいは読書や筋トレでも、空いた時間になにか物事に挑戦すれば、〈程度はどうあれ〉一個のスキルが身につく。

暇なときは、気楽にDuolingoでも開いて学習してみてほしい。