広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【修了】Duolingoで中国語を150日間学習した成果|達成レベル

Duolingo(ドウリンゴ)中国語のレッスンを修了(150日間)

とうとうDuolingoの中国語の学習過程をすべて修了した。

経過した日数は150日間であり5ヶ月間である。

平均して1日30分を超える学習時間をもうけて、中国語を身につけるに励んだ。

Duolingoを使った学習方法で中国語をどれほど身につけられたのだろうか。

その成果を本記事に4技能に区分し、なにができるのかを仔細に記したい。

またDuolingoを使った中国語の学習方法を併記する。

【150日間】Duolingoで中国語を学習して達成したレベル(修了レベル)

Duolingoの中国語のレッスンをすべて修了したあとの能力

すべてのレッスンを150日間で修了するためには、1日30分ほどの時間を設けてDuolingoの学習にとり組む必要があると思われる。

つまり合計4500分(75時間)を学習時間に充てることでDuolingo上の(中国語の)すべてのレッスンを修了する、というわけである。

だいだい75時間をDuolingoの学習時間に充てれば、これこれのことが(中国語で)できるようになる、と考えて以下の4技能を読んでみていただきたい。

1. 中国語のリーディング

2ヶ月前(100日間の学習)とリーディングの能力に著しい変わりは見られず、ホテルやレストランにて用意されている中国人客用のメニューを読める能力が身についている。

2ヶ月前と能力に変わりがないからといって、この2ヶ月間の学習時間は徒労であった、というのはとんだ的外れの意見である。

この2ヶ月間の追加学習によって中国語の文章の骨組みが(文法が)感覚に染み込み、学習内容がたしかに定着し、文章の想起を容易にせしめ得ているからである。

この一見して徒労とも呼べる努力が、リーディングのほかのリスニングやスピーキング等の能力に、たしかに良好な影響を及ぼすのである!

2. 中国語のリスニング

100日間から150日間にかけて、中国人と会話する機会に恵まれなかった、というよりは積極的に中国人と会話する機会に向き合う姿勢を示さなかった、というわけでリスニングの能力は停滞か向上か、あるいは減退しているのかはいざ知らず。

以上の動画の彼女の話すゆっくりとした発音の中国語は聞きとれる。

ところで、中国人と会話しないなら全く学習は無益であり無駄であり、もっとほかの意義を有する有益なことを学習したほうがよかったのではないか、という人もあるが、これは早計な結論である、と付言したい。

3. 中国語のライティング

Duolingoは中国語の学習環境を提供しておらず、中国語でも英語でもライティングの能力を伸ばすためには、各自で学習ノートをこしらえる必要がある。

中国語のライティングの能力は一向に伸びていない。

4. 中国語のスピーキング

Duolingoで学習する中国語は、一般日常会話、別言すれば、日常生活を過ごすために求められる意思疎通の会話である。

一般日常会話のスピーキングの能力は伸びるが、友人や愛人、同僚や恋人などの関係において展開せられる親密な会話の(スピーキングの)能力はちっとも伸びない。

だから中国語のほかの言語世界を知らない中国人と親密な関係を構築するのは不可能に近い。

Duolingoで目にみえて身につけられるスピーキングの能力は、自己紹介や旅行の際に役に立つ能力くらいである。


150日間も中国語を学習していると、中国語の文法は自然に身につく。あまり高度ではない文法の文章をつくる際には困らない。言うまでもなく文法は四技能に共通に役立つ能力である。

Duolingoを使った6つの学習方法

ただ呆然とした思考停止の状態でレッスンをこなす学習と、好奇心に満ちた遊びごころ満載の状態でレッスンをこなす学習とでは、学習成果に天地の差が開けることは言うまでもない。

同じことは学習方法にも言える。

以下の(Duolingoを使った)学習方法は、わたしが効果覿面であると思う方法である。学習成果を地ではなく、天へ。

1. 音読

音読なくして語学力は向上しない。

適切に発音しなければ、わたしの言葉は相手に通ぜず、また、発音を間違えて覚えてしまえば、時間を費やした語学学習が徒労に終わる。

音読により発音を矯正し、可能なかぎり機械の音声を真似ること。

中国語を学習しているならば、おそらく中国人の友人が身近にいると思われる。彼らに自分の発音をきいてもらい、発音が適当であるかどうかの判断を下してもらおう。

2. 目をつむりリスニング

中国語の文字を読みながらリスニングする、これでは「リーディング」によりテキストの理解が進んでいるのか、「リスニング」によりテキストの理解が進んでいるのか判然としない。

中国語で会話する際、中国語の理解の頼りになる力は専らリスニングである。

文字を読むリーディングは、中国語で会話する際の理解の介添にはならない。

リスニングの能力によって中国語を理解しているのかどうかを目をつむって確認する、すると、理解していたテキストを目をつむって聴くと理解していなかった、ということに気がつく(ことがほとほとある)。

3. 効果的な復習

Duplingoのレッスンを復讐すること

次々にレッスンを修了するだけでは中国語の能力の向上に伸び悩むだろう。

ときどき修了したレッスンにヒビが入ることがある。それはそうしたレッスンの内容の忘却が進んでいることをDuolingoが教えてくれている。

Duolingoの非課金者であれば「1 heart practice」というレッスンを受講して、ハートを獲得しながら過去のレッスンを復習することを推奨する。

というのは「1 heart practice」のレッスンも、私たちが忘却しつつある内容をDuolingoが選んでくれているのである。

4. 暇があればアプリを開ける

頻繁にアプリを開けることは、中国語に慣れ親しむためにも必要である。

現代人は暇があればSNSを開けて、だれぞかれやと互いに連絡を取り合っている。(あるいは思考を忘却しながらニュースを読んでいるか)

TwitterやLINEなどのSNSは、たしかに迅速な連絡手段であり便利であり、時間を節約しているかのように思えるのだが、かえって現代人から時間を奪いとって多忙に陥れている。

あらゆる些細な出来事をだれぞかれやに報告し、また暇があれば遊びの予定を強引に導入する。だから一人一人の判断力はどんどん鈍化し、1通のショートメッセージには空虚な内容が積み重なって、お互いの(送信者と受信者との)1時間を(1時間をはるかに超える時間を)奪うことになる。

しかし如何せん大半のショートメッセージの内容は空虚であるため、時間は単なる言葉遊びに費やされているだけである。また予定を決めて遊ぶことが、飲み会ばかりであれば、とんだ茶番劇ではないか。

SNSはほぼすべて削除すべきである。必要な連絡手段はメールと電話で十分である。「友人と縁が切れる」と悲嘆に暮れる人は、所詮、その友人との友情はSNSのつながり程度で結ばれていたのであろう。人間味のない。つまらない関係なのである。

5. ノートをこしらえる

Duolingoの学習のみではライティングの能力が伸びないことは再三お伝えしている。

ライティングの能力を伸ばす方法として、Duolingoの運営者たちもノートをこしらえることを推奨している。

Duolingoで学習した文章をノートへ写す。これにより中国語のライティングの能力ははるかに向上する。

もっともライティングの能力のほかの3技能も向上することは言わずもがな。

6. 好奇心の炎を燃やす

あらゆる挑戦には燃えるような好奇心が求められる。燃えない好奇心による挑戦は、いたずらな時間の浪費に終始する。

いかなる理由で中国語を学習するのかは個人により千差万別であるが、好奇心の有無によってあらゆる挑戦は実りある行為になり、花が開きやすくなる。

好奇心の炎を燃やし続けるために薪をくべよう。

150日間(5ヶ月間)中国語を学習して後悔しているか?

中国語を学習することに関しては後悔はしていない。というのは学習を起因に中国について多大な関心を寄せることができ、世界のより広大でより深遠な視野を開かせてくれたからである。

今後の学習!

中国語の学習に充てていた時間を、今後は理科の学習に充てる。理科が次なる挑戦(30日間チャレンジ)である。

教材はスタディサプリを採用し、物理基礎、物理、有機化学、無機化学などすべてのレッスンを修了する。

理科の学習の動機

理科を学習する動機はいくつかあるが、そのうちのひとつは物理の専門書を読みたいことが挙げられる。

また、毎日口にする食物の栄養過程をより詳細なミクロな視点で知る必要があるからである。

理科の学習を経ることで、中国語を学習して得られたことと同様に、視野を拡大し、より広大でより深遠な総合的判断の能力を向上せしめるのである。