広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

働くことを楽しむ会社を作るための8つの方法【Netflix文化】

楽しい職場を作る方法

働くことを「楽しいと感じる会社」と「つまらないと感じる会社」

その差について語るのはPatty McCord氏です。

Patty McCordは、映像ストリーミング配信事業で知られる「Netflix」にて、14年間「最高人事責任者」として務めた経験を持ちます。

自著に『NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く』がある作家として広く知られており、彼女が「働くことを楽しむ会社を作る8つの方法」をご紹介してくださります!


働くことを楽しむ会社を作るための8つの方法

スピーカー Patty Mccord
TED種類 TEDxThe way we work
トピック ビジネス、職場改善
時間 05:11
公開日 2019年2月

1. 従業員を “大人” と考えること

従業員は子どもではなく、責任を持ち、家賃を支払う、社会の構成員の一員です。

大人は世界に違いを生み出したいと感じています。

子どもが従うための「ガイドライン(手順書)」を作るのではなく、ガイドラインから飛び出せるように、素晴らしい仕事ができるように従業員を大人として考えることが必要です。

2. 管理職の役割はすばらしいチームを構築すること

仕事の基準は「顧客に満足してもらうこと」です。

そのため「時間どおりに仕事をしたのか」「進捗はどのくらいか」ということを管理する必要はあまりありません。

3. 従業員は仕事に “学び” を求める

誰も同じことを60年間したいとは思いません。

従業員が目標を達成したならば、彼ら/彼女たちを自由にさせておくべきです。

学びのない職場ほど退屈な場所はありません。働くことを楽しむ職場づくりには「学べる環境」が必要なのです!

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く 

4. 従業員が全体像を理解していること

最も重要なことは「ビジネスがどのようにして成り立っているのか」会社の全体像を誰もが理解していることです。

自分の行いが成功に貢献できているのかどうかを知っていると、働くことに楽しさを見出せます!

成功に貢献していることを実感するためには、全体像を知ることが必要不可欠です。

働くことを楽しめる会社づくりには、会社がなにをしているか、会社にとって重要であることなど会社の全体像を従業員全員に理解してもらう必要があります。

5. 真実を伝えること

今やっていることが良いことなのか、今やっていることは悪いことなのか、その企画は良いと本心から思えるか、従業員は真実を伝えることが重要です。

NetflixのCEOである Reed Hastings 氏は「真実を伝えること」についてこのように語っています。

社員には真実を述べてもらいたいですね。

私たちは「反対意見を黙っていることは自ら信頼を損なう行為だ」と言っています。

ただ黙って記録だけ残して決裁事項を通過させることは奨励していません。

私たちは常に議論を通して良い意思決定を下すということを大変重んじており 常にそうしています。

そしてお互いに怒鳴り合ったりしないような雰囲気作りに気を配っています。

好奇心こそが人々から反応を促すものです。

How Netflix changed entertainment — and where it’s headed 

Netflixを支えてきた企業文化のひとつに「真実を伝える」があります。

6. 価値観を守ること

経営陣の一員に最も重要なことは「自分の価値観を守り」それを実践することです。

価値観や企業の規律を示すだけでは意味がありません。

7. 愚かなアイデアを受け入れること

もし、アイデアが合理的であれば、誰かがすでにそのビジネスを行なっているでしょう。

その点、合理的ではない “愚かなアイデア” は試そうとする人は少ないです。

誰もやらないことには “やりがい” を感じます。

“やりがい” は働くことを楽しむ会社には不可欠な要素です。

8. 変化を喜んで受け入れること

世界はつねに変化しています。

そうした世界に対応するためにも変化を喜んで受け入れる姿勢が必要です。

「変化がない=マンネリ化」した会社に、楽しさはないでしょう。

変化を喜んで受け入れることは、働くことを楽しむ会社づくりには欠かせません。

8 lessons on building a company people enjoy working for

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く