広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【元気100倍!】元気がでない?元気を出すためにはコレを試して!

元気がでないときに元気を出す方法

「元気がない」

そんな人が日本中、世界中にたくさんいます。

元気がでない理由は、睡眠不足、栄養不足、運動不足、さらには身の回りのモノから悪い影響を受けているからです。

元気を出すためにはどうすればいいいのでしょうか。

元気がでない原因を突き止めて、元気を出すための方法を知り・実践して、仕事や勉強、そしてプライベートを充実させましょう!!

元気がでない原因

元気がでない原因は大きく分けて3つあります。

●1. 睡眠不足

●2. 運動不足

●3. 栄養不足

この3つを正すことによってすぐに元気が出てくるでしょう!

1. 睡眠不足

とくに睡眠不足は元気がおとろえる大きな原因です。

睡眠不足ですと体内のホルモンバランスが崩れてしまい、憂うつ感や不安、さらには体調不良を招きます。

意思決定力も睡眠不足により低下するため、無気力におちいりやすいのです。

2. 運動不足

半世紀前と現代をくらべると、明らかに運動をする機会・時間が減っています。

うつ病や自殺率は年々と上昇傾向にあり、運動との強い相関関係があるとされています。

つまり運動をしないと元気が出ないのです!

また、運動不足によって血液の流れが循環が悪くなります。

(糖尿病や高コレステロール)

血液の流れが悪くなることで高血圧になることもあります。

3. 栄養不足(栄養過多)

栄養が不足していると、貧血、倦怠感、脱力感、意識障害を招くことがあります。

食事で問題なことは「糖分のとりすぎ」や「ジャンクフードの食べすぎ」です。

WHO(世界保健機関)は健康につながる可能性があるとして、砂糖(糖分)の1日の摂取量を25gまでにするように呼びかけています。

ジャンクフードは栄養価が乏しく、栄養がないため、体の機能を十分に発揮できません。

元気を出すために

「睡眠」と「運動」と「食事」は元気を出すために最も重要なことです。

この3つを意識して、改善し、元気を出していきましょう!

睡眠は7時間以上!

睡眠不足は体内のホルモンバランスが崩れてしまい、憂うつ感や不安、さらには体調不良を招きます。

あなたは忙しいのかもしれませんが、睡眠不足ですと元気が出ずに、仕事や勉強において、思うような結果を得られません。

私たちにとって睡眠不足は大敵ですので、どんなに忙しくても睡眠だけは適切な時間(7時間以上)を確保しましょう。

【運動】1週間に2回、30分ほどのランニング!

運動することで元気が出ることは数多くの研究で明らかにされています。

元気を出すためには1週間に2回、30分ほどのランニングを取り入れることをオススメします。

また、普段エスカレータやエレベータを使っている方であれば、階段を使って軽い運動をすることもオススメです!

バランスの良い食事!

元気を出すためには睡眠と運動はもちろん大切ですが、食事も大切なことです。

バランスの良い食事を心がけて、体調を整えることが元気を出すためには重要です!

農林水産省のホームページに1日になにをどれだけ食べれば良いのか掲載があります。

個人的には、1日3食から2食へ減らしてみることをオススメします。

現代のような消費カロリーが少ない社会において1日3食ですと栄養過多となり、高血圧・高血糖を招きやすくなるからです。

そのため、断食もしくは少食を心がけてみてください!

関連記事:断食効果を徹底解説!

大好きな音楽を聴く!

自分の好きな音楽を聴くと、自然と元気が出てきます!

音楽を聴くと元気が出る理由について詳しいことはわかっていませんが、人を含めたすべての生き物が音楽から元気をもらえます!

関連記事:集中できる音楽まとめ

元気を出すために!身の回りのモノを変えてみる

睡眠、運動、食事はもちろん重要なのですが、元気を出すためには身の回りのモノを変えてみることもオススメです!

服装を変えてみる!

体が締めつけられるズボンをはいていれば、血液循環が悪くなります。

また、お気に入りの服であれば別ですが、長い間おなじ服をきている場合は気分転換になりません。

元気が出ないのです。

そのため、服を自分のサイズにあったものに、そして新しいものに変えてみてください!

靴を変えてみる!

服装を変えたあとは、靴を変えてみることをオススメします。

靴のサイズが自分の足のサイズとあっていないと歩き方が乱れます。

重心がかたよることで姿勢がゆがむことや靴づれを起こすこともあります。

間接的に元気が出ない原因をつくっているかもしれません。

かかとがすり減っている靴をはいている場合はすぐに変えるべきでしょう。

スマートフォンの壁紙を変えてみる!

多い人で3時間強、少ない人でも30分と、私たちは日々スマートフォンを使用しています。

そのため、スマートフォンの壁紙を元気が出る色に変えてみてください!

個人の好きな色もありますが、色彩心理学では、赤色のような興奮色は元気が出やすく、青色のような沈静色は精神的にリラックスできる色といわれています。

部屋の掃除をして、空気を変える!

部屋にほこりがたまっていると、気分が悪くなることやアレルギーの原因となることがあります。

掃除機をかけるのはもちろんのこと、換気をこまめにして、部屋の空気を変えてみてください!

部屋がキレイになることでリラックスすることができ、睡眠の質も上がります。

エアクリーナーを使って部屋の空気を変えてみることも良いですね。

関連記事:睡眠の質を高める方法とは?

人と話す!

人と話すことで元気をもらえることがあります!

ただし、嫌いな人と話すと逆効果になるかと思いますので、自分が好きな人や尊敬できる人、信頼できる人と話してみるのが良いでしょう。

まとめ

元気を出すためには健康的な生活を心がける必要があります。

睡眠時間の確保をして、週に2回ほど運動をして、栄養バランスのとれた食事を意識することが大切です。

睡眠や食事や運動のほかにも、服装や部屋の空気なども元気が出ないことに影響します。

そのため、服装を変えること、部屋の空気の入れ替えをすること、掃除をすることをぜひ試してください!

また、スマートフォンを使用していては元気を出すことはできませんので、SNSやネットサーフィンは控えるようにしてみてくださいね!

以上、元気を出す方法でした。

今から元気出していきましょ〜!!

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️