広める価値のあるコンテンツと思ったらコメントをお願いします!☺️

【2020】外国人にとっての日本の名所の拡張|10の観光名所とは

日本の観光名所

当初、本文章を中国語で執筆するつもり(中国語の練習のため)でしたが、長文と日本語の表現とを中国語へ翻訳することが大変むずかしく、仕方なく日本語の記事として投稿するに至りました。



さて、以下より本文です。


今年は2020年。日本では東京オリンピックが開催されます。訪日外国人は例年よりも増えて、東京のみならず、日本のいろいろな場所がにぎやかに、華やかに栄えるかと思われます。

わたしが数名の外国人に「日本の名所といえば?」と尋ねると、みなさま以下のように答えます。

  1. 京都
  2. 大阪
  3. 岐阜

なるほど、以上の3箇所は日本人にとっても日本の名所です。

日本文化のゆかりの深い京都。食文化の大阪。美しい自然を誇る岐阜。

オリンピックの開催地である東京と同様に、これら各地では千客万来が予想されるでしょう。

これらのまちから私たち日本人はだれも彼もおのおの思い出に身をはせられます。

外国人にとっても印象は大きく、また深いために、日本の名所としておのおの指をおり数えるのでしょうか。

ところで、本記事の目的は、外国人にとっての日本の名所の認識の拡張です。

いくつか紹介する場所は、私が今年旅行すると決めている場所でもあります。

2020年に観光されたい日本の10の名所

日本地図

1. 北海道

北海道は日本の最北端の雪国。冬はおびただしい量の雪で大地が覆われ、春が来れば、雪の大地は解氷し、ぼうぼうとした緑の大地へと変容する。

美しい大自然をはるかに望める日本の名所です。

日本三景「2. 天の橋立(京都)、3. 松島(宮城)、4. 厳島(広島)」

2. 天橋立

名所として指おり数えられる京都は京都市内のこと。同じく京都府の外れに位置している天橋立は、日本三景のひとつとして数えられます。

みなが美しいと称賛するから天橋立は美しいのでしょうか。

いってみて、未だみぬ天橋立と対峙したい。

3. 松島

松島は日本の東北、宮城県仙台市でみられます。

2019年にわたしは遊覧船に乗船して、松島をめぐりました。松島が文学者たちの趣味に適う秘密と、日本三景のひとつとして数えられる理由とを熟慮しておりましたが、得心のゆく結論を導くことは叶いませんでした。

ちなみにわたしの背後から、カメラを手に持った男性が、「ようやく松島らしくなってきたな」と、松島を写しながら満足気にこういいました。

彼は、まったく松島をみていないと、わたしは思いました。

この発言は、すでにもっている松島の認識と、現在ただ今の松島の情景が一致したこととによる、ある種の快を感じていることを意味するのです。

ただ理想の松島が再現されたことによって喜びを得ているのです。

4. 厳島

厳島は中国地方の一区画を占める広島県でみられます。

自然と建築とが合わさった景観が、日本三景のひとつに数えられています。

自然美と建築美とが、程よく互いの領域に干渉し合い、みる者を魅了する景観を現象する厳島へ、いってみたい。

5. 静岡県「伊豆半島」

半島とは、三方位が水に接する陸地をいいます。

伊豆半島は13の市町(8市と5町)で構成されており、わたしの思うところ伊豆半島を代表する市町は熱海、三島、伊豆、伊東、下田の5市です。

毎年夏が来ると毎日のごとく打ち上がる花火、優れた効用の温泉、大きな山、青い海、自然、人、すべてがいい。伊豆半島は、夏の保養地として絶対に適しています。

6. 神奈川県「箱根」

わたしのもつ箱根のイメージは、(旧)軽井沢のように、程よく洗練された街の雰囲気のよさ、神秘性をまとう街の雰囲気のよさです。(いったことはありません)

箱根の観光名所といえば、芦ノ湖、大涌谷(温泉)、箱根神社、箱根美術館、等が知られております。

箱根は国際的な観光地として広く知られているため、東京オリンピックの時期が来ると、訪日外国人が箱根へ足を伸ばすことが予想されます。

7. 三重県「伊勢神宮」

訪日外国人には一にも二にも伊勢神宮へと足を伸ばすことが推奨されます。

島根県「8. 出雲大社、9. 足立美術館」

8. 出雲大社

伊勢神宮と同じくして、出雲大社へも足を伸ばされたい。

ところで山陰地方は新幹線が開通されておりません。そのため、出雲大社への交通手段は、(1)出雲縁結び空港から電車で移動するか、(2)最寄りの新幹線の開通している岡山駅から特急やくもに乗り換えて松江駅へいき、松江しんじ湖温泉駅から電車で移動するか、が推奨されます。

わたしの見方・行方としては、(2)の交通手段を採用し、「松江駅」から「松江しんじ湖温泉駅」までは徒歩移動します。そして出雲大社へ参拝に参ります。

松江駅では松江市内のホテルまで荷物運送サービスが提供されているため、松江駅付近の宿(玉造温泉や松江しんじ湖温泉)に宿泊すれば、手荷物をもたずに観光をたのしめます。

9. 足立美術館

島根県の名所は「出雲大社」や「玉造温泉」のほかに「足立美術館」が知られています。

足立美術館でみられる日本庭園は、米誌のランキングにて、日本で一番美しい庭であると17年連続で絶賛されています。

足立美術館へ行くためには、松江駅から安来駅まで電車移動し、安来駅からは30分ごとに発車する足立美術館行きのシャトルバスに乗車します。

ところで日本で三番目に美しい庭であると称される日本庭園は、松江しんじ湖温泉の『皆美館』でみられるため、庭園好きの人には宿泊されたい。(2019年度)

まあマニアックなスポットですが、近場に位置する月照寺もみられたい。

10. 沖縄

日本の最南端。南の国。沖縄。海の美しさが、老若男女を問わず、遊泳を誘います。

未だわたしは訪れたことがなく、今年こそは沖縄へいくことを決めております。

沖縄本島ではなく、西表島や石垣島の大自然をたのしみたい。

2020年は日本各地の観光名所へ

すでに暦は2020年です。今年は東京オリンピックが開催されるため、これから日本各地はにぎわいをみせて、豊かに華やかに栄えるでしょう。しかし訪日外国人が局地に集中することは避けられたいです。

彼ら彼女らが「日本の名所」として思い浮かべる場所は主に、京都、大阪、岐阜です。日本人であるか外国人であるかと国籍を問わず、観光客が局地に集中すれば、混雑に混雑が重なって混沌とした無法地帯となりかねません。

日本の名所は地方各地に点綴しております。東京はもちろん京都、大阪、岐阜のみならず、日本各地に日本の名所はみられます。観光客には、日本のいろいろな場所を訪れてほしいですね。

広める価値のあるコンテンツと思ったらコメントをお願いします!☺️