広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

【車酔い対策】車に酔ったらどうすればイイ?そんなときはコレ!!

車酔い対策はどうすればいいの?

こんにちは!

早速ですが、車に酔っている人は、以下の方法を試してみてください!

車酔い対策に効果的な方法

  1. 助手席に座る
  2. 換気する
  3. 遠くを見る
  4. 締めつけられる服をさける
  5. 車内でゲームや読書をしない
  6. スマホの画面を見ない
  7. 睡眠をとる
  8. 空腹・満腹の状態を避ける
  9. 酔い止め薬を飲む

以上の方法が車酔い対策に効果的な方法です!

現時点で車に酔っている方はスマホの画面を見ることも酔う原因となります。

そのため、すぐにスマホの電源を切りましょう。

それ以外の方(車に乗る前の人)は本文へどうぞ♪



そもそも車酔いはなぜ起こる?

体の平衡感覚は内耳にある「三半規管」と「耳石器」によって調整されています。

この2つは目から入る情報や体の動きを敏感にキャッチして体の平衡感覚を整える働きをします。

目から入る情報と三半規管や耳石器に入る情報にズレがある場合、平衡感覚を失い、吐き気やめまいなどの症状(車酔い)が起こると考えられています。

つまり、体の動きと目に見える情報にズレがあると車酔いが起こるのです!

たとえば、車内でゲームをしているとき。

ゲーム内から自分の目に入る情報と実際の車の動きにはかなりズレがあります。

そのため、平衡感覚(バランス)を整えることがむずかしくなり、車に酔ってしまうのです。

睡眠不足も車酔いの原因に!

睡眠不足の場合、自律神経が乱れて三半規管の調整能力が低下します。

そのため、車に酔いやすくなります。

車酔い対策には、目から入る情報と実際の動きを合わせることが重要です。

また、車酔いを起こさないためには、助手席に座って車の動きを予測しておくこと、車の進行方向を見ておくことも重要です!

車酔いが心配なら事前に対策をしておく!

車酔いの対策方法を知っていても、旅行する、ドライブする場合に車酔いは心配になりますよね。

車酔いが心配であれば、酔い止め薬を服用することもアリです!

個人的に薬の効果はあてにしていませんが、

「飲むと治る気がする(プラセボ効果)」は効きますので、極度に車酔いが心配の方は酔い止めを服用してみてください。

事前に酔い止め薬を準備しておくことで、旅行やドライブを最大限に楽しむことができます!

まとめ

車酔いがひどい方は旅行やドライブを楽しむことができません。

車酔いが心配で車での旅行やドライブが楽しめないのはもったいないことです。

車酔い対策を知り、事前に車酔いの対策をしておきましょう!

それにより、旅行やドライブを最大限に楽しむことができます!

対策方法を知っておくだけでも、随分と気が楽になります♪

今回の記事がみなさんのお役に立っていれば幸いです。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました!!

車酔い対策するカエル

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️