広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

コツをつかむ重要性!コツをつかむだけで差がつく!

コツをつかむ重要性

「コツをつかむって大切だ!」

物事を上達させるためにはコツをつかむことが重要です。

コツがつかめていなければ、いくら物事を続けていても上達せずに、時間だけが過ぎ去ってしまいます。

しかし、コツをつかむことで、物事を上達させる近道を知ることができます!

つまりコツをつかんでいると、同じ労力をかけて得られる成果が2倍も3倍も高くなるのです!

この記事では「コツをつかむの語源」と「コツをつかむ重要性」をご紹介しています。

1分で読み終えることができますm(_ _)m

コツをつかむとは?「コツをつかむ」の語源

「コツをつかむ」とは、物事をうまく行うために重要な点を身につけることです。

“コツ” の語源は、私たちのコツ(骨)です。

「コツ(骨)」は体を支えている重要な部分ですよね。

つまりコツをつかむとは「重要な部分をつかむ=重要な点を身につける」というわけです♪

「コツをつかむ」の類語には、要領をつかむ、勘所がわかる、などがあります。

コツをつかむ重要性

コツをつかむことで、同じ労力をかけて得られる成果が数倍と高くなります。

たとえば、人の顔のイラストを描くとき。

筆者が人の顔のイラストを描くと、“人” ではなく “宇宙人” が毎度できあがります。

目と鼻と顔の輪郭を描くコツを知らないために、人が宇宙人のイラストになるのです。

しかし、コツをつかむ(顔のパーツの配置を知る)と宇宙人のイラストから人と言えるイラストまで一気に上達します!

コツを知らなければ、何十年と宇宙人のような絵を描き続けていたでしょう。

コツを知ることで同じ労力(絵を描く時間)でも、ある程度まで瞬く間に絵が上達します!

思わず泣きたくなる段階から少し笑みがこぼれる段階へとレベルを引き上げることができるのです。

コツをつかむ=知ること

「コツをつかむ」といっても最初は「コツを知るだけ」です。

卓球やテニスであれば「ボールの打ち方のコツ」を知ること。

文章を書くのであれば「短文で区切る」こと。

“知る” と “知らない” では物事の上達スピードは “ウサギ” と “カメ” の移動速度くらい異なります。

コツを知り、試してみるだけで初心者レベルから脱出できるのです!

まとめ

コツをつかむことで物事の上達スピードを上げられます。

何か苦手なことがある人、新しく物事をはじめる人、物事が上達しないと悩んでいる人は「コツ」を知り、それを試してみてください!

まずはやってみる。

そしてコツをつかみ(知り)、またやってみる。

すると物事は上達していくのですね♪

普段に何気なくしていることに「コツをつかむ」ことを見出してみてください!

タイピングの速度が遅いなら、指の位置を変えてみる。

重たい荷物を持つときは荷物の重心を考えて持ってみる。

読む速度が遅いなら、キーワードの拾い読みをしてみる。

小さなコツが積み重なると、物事が上達していき、やがて大きなコトにつながります。

広める価値のあるコンテンツと思ったら、シェアお願いします!☺️

スポンサードリンク